読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニンジャスレイヤー公式ファンサイト:ネオサイタマ電脳IRC空間

近未来都市ネオサイタマを舞台としたサイバーパンク・ニンジャアクション小説「ニンジャスレイヤー」の日本語版公式ファンサイト。翻訳チームが運営しています。

用語集:ナ行

◆ニンジャスレイヤー用語集

          

 
ナムアミダブツ! オーマイゴッド!的なニュアンスで用いられる言葉。同義語に「ナムサン!」なども。
ニンジャ 平安時代をカラテで支配した半神的存在であったが、ほぼ絶滅し、真実の歴史を忘却され、現在では「ドラゴンや吸血鬼などと同じ、フィクションの中の存在」と考えられている。
ネオサイタマにおいてニンジャと呼ばれる者達は、過去のニンジャソウルが生身の一般人(モータル)の肉体に憑依し、人間離れした身体能力やジツを突然得た者、すなわちニンジャソウル憑依者である。なお、ニンジャソウル憑依によらず修行によって実際にニンジャとなった者は、リアルニンジャと呼ばれる。(例:ドラゴン・ゲンドーソー)
ニンジャクラン ニンジャの流派、集団を示す。蛇めいたカラテと邪眼のジツを持つコブラニンジャ・クラン、ソニックカラテの使い手たるカゼニンジャ・クラン、激痛を力に変えるイタミニンジャ・クラン、隠密行動やステルスに長けるシノビニンジャ・クランなど、様々なニンジャクランが存在する。敵のニンジャソウルの正体、すなわち所属クランが解れば、使うカラテやジツの種類はある程度推測できるため、ナラク・ニンジャはしばしばそれを見抜きフジキドに教える。また例えば、ビッグニンジャ・クランのニンジャソウルに憑依された者は身体が大きくなるなど、特定ニンジャクランのニンジャソウル憑依には、身体変化がともなうこともある。
ニンジャスレイヤー 本作の主人公、フジキド・ケンジがニンジャと化した姿。ニンジャ抗争に巻き込まれて妻子を失い、自らも死の淵にあったが、正体不明のニンジャソウル「ナラク・ニンジャ」の憑依によって復活し、ニンジャを殺すもの、ニンジャスレイヤーとなった。
復讐の為、ソウカイヤのニンジャを全て殺す事を目的とし、ネオサイタマの闇を駆ける。
ニンジャ装束 ニンジャの衣類はニンジャ装束と呼ばれる。ニンジャ装束にはっきり定められた規格やルールは無い。布だけでなく、メンポ、プロテクター、アーマーの類いも全てニンジャ装束に含まれる。極めて強大なニンジャソウルを宿す一部のニンジャは、ニンジャ装束を己のカラテによって生成する事が可能である。ニンジャスレイヤーは己の流した血からスリケンや装束を生成している。
ニンジャスラング 江戸時代以前のニンジャがもちいた恫喝の言葉。きわめて恐ろしい威圧力を持ち、間近でそのパワーに晒された非ニンジャはNRSを発症する。最悪死ぬ。
ニンジャソウル キンカク・テンプルに蓄えられた古のニンジャの魂。憑依先の人間に対して超人的な力をもたらす。
ニンジャソウル憑依現象 ニンジャソウルの憑依は、ある日突然、極めてアトランダムに起こるため、「アンセレクテッド・レザレクション現象」とも呼ばれる。近年になってその頻度は増しているが、一般市民はその事実を全く知らない。
憑依直後から対象がニンジャの力を示すケースもあれば、しばらく潜伏しており、何らかの出来事がきっかけで覚醒する場合もある(ヤモトの例など)。

+++ リー先生の研究により、ニンジャソウル憑依と憑依者には、以下のような基本法則が確認されている(未だ研究サンプルが不足しており、例外は存在しうる)。 +++
①大半のニンジャソウルは憑依時に記憶や自我を失い、カラテやジツだけをもたらす。強大なソウルの場合は例外がありうる。
②同性にしか憑依しない。
③生者にしか憑依しない(人工的に死体に憑依させた場合、ゾンビーニンジャを造り出せる)。
④ニンジャとなった者は、人間との間にもニンジャとの間にも子を作ることができない。
⑤ニンジャは人間には戻れない。ニンジャソウルを引き剥がした場合、そのニンジャは死亡する。
⑥憑依の瞬間、憑依先の人間の負っていた傷が驚異的速度で回復し、死の淵から引き戻されることがある。
⑦ニンジャとなった者は老化現象が止まる、もしくは老化の進行が極めて遅くなる可能性が高い。
NRS(ニンジャ・リアリティ・ショック) 一般人がニンジャを目撃すると、恐怖のあまりパニック状態に陥ってしまう症状を指す。これは「ニンジャなど実在しない、フィクションの中の生き物である」と考えられていた存在が実際に目の前に現れ、恐るべきカラテを振るった事によるものである。例えば、現実にあなたの目の前に突然ドラゴンが現れて火を吐いたり、ヴァンパイアが吸血している光景などに出くわした場合、あなたがどのような反応を示すかを考えれば、NRSは想像しやすいだろう。
しかし表社会ではニンジャは存在しないことになっているため、ショックから冷めて冷静になった被害者は、多くの場合「あれは夢だったに違いない」「幻覚を見た」「何かの見間違いだ」などと考え、自分の正気を保つためにニンジャとの遭遇を忘却してしまう。その後で再びニンジャに遭遇した場合、ニンジャ・リアリティ・ショック・フィードバックを発症する。
ヌンジャ 謎めいた言葉。
ネオサイタマ カスミガセキ・ジグラットを中心とする日本の首都。ネオサイタマ知事と都議会は内閣総理大臣・国会よりも強い権力を持つ。


 
         

広告を非表示にする