ニンジャスレイヤー公式ファンサイト:ネオサイタマ電脳IRC空間

近未来都市ネオサイタマを舞台としたサイバーパンク・ニンジャアクション小説「ニンジャスレイヤー」の日本語版公式ファンサイト。翻訳チームが運営しています。

キャラ紹介「シルバーカラス」:慈悲なきツジギリストがヤモトに道を示す


今日はニンジャスレイヤーのエピソードの中でも名作と名高い「スワン・ソング・サング・バイ・ア・フェイデッド・クロウ」の登場人物であるニンジャ、シルバーカラスについて紹介します。

f:id:NinjaHeads:20161110165100j:plain

「イクサではない。ツジギリだ。誇る物など何も無い殺しだ。ただ己のカネの為に殺してきた」

 

 

◆シルバーカラス◆

身長は約180cm。フリーランスのニンジャ。装束色は鈍い銀灰色。イアイドーのタツジンであり、その技術はモータル時代に師事していたタオシ・ワンツェイ=センセイのインストラクションを基盤としている。武器はイアイ・カタナ「ウバステ」。のちにヤモト・コキの武器となる。

f:id:NinjaHeads:20161110165007p:plain

アニメイシヨン版シルバーカラス。裾の長いコートが特徴的。

 

◆登場エピソード◆

「ネオサイタマ炎上2」収録の「スワン・ソング・サング・バイ・ア・フェイデッド・クロウ」にシルバーカラスは登場する。ニンジャとなり、ソニックブームを撃破したのち、ソウカイ・シンジケートの追手から逃亡する生活に入ったヤモト。彼女を偶然助けたカギ・タナカの正体は、企業に雇われ、何の落ち度もない市民を新開発の試作兵器で殺害する外道のサイバーツジギリストであった。

 

ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上 (2)

ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上 (2)

  • 作者: ブラッドレー・ボンド,フィリップ・N・モーゼズ,わらいなく,本兌有,杉ライカ
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/エンターブレイン
  • 発売日: 2012/11/30
  • メディア: 単行本
  • 購入: 19人 クリック: 226回
  • この商品を含むブログ (33件) を見る
 

◆NINJA FACTS◆

サイバーツジギリ

実際の日本の歴史においてもツジギリ=辻斬り行為は実在した。おもに江戸時代、武士が町人を通り魔的に襲い、斬り殺す行為だ。その動機は様々だが、とくに有名なのは「刀の試し切り」である。試し切り目的でいきなり殺される町人はたまったものではない! ボンド&モーゼズはこれに着目し、暗黒メガコーポ支配の社会における辻斬り行為を「サイバーツジギリ」として立ち上がらせたと思われる。すなわち、兵器企業の試作品を実地テストするために通り魔的に無実の市民を襲う行為である。

シルバーカラスはサイバーツジギリストとして名高かったと見え、ツジギリ仕事を斡旋するブローカー「笑い爺」からの評価は非常に高かった。高度な実地テストになると、試作兵器をニンジャに対して試す必要がある。その為、ニンジャを相手にしても任務を遂行できる強力なカラテの持ち主であるシルバーカラスは重宝されたのだ。なお、暗黒ブローカー「笑い爺」は第三部エピソード「トゥー・レイト・フォー・インガオホー」に再登場する。運命の鉄槌が下される瞬間を目撃せよ。

 

ニンジャスレイヤー キリング・フィールド・サップーケイ (不滅のニンジャソウル # 3)

ニンジャスレイヤー キリング・フィールド・サップーケイ (不滅のニンジャソウル # 3)

  • 作者: ブラッドレー・ボンド,フィリップ・N・モーゼズ,本兌有,杉ライカ
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/エンターブレイン
  • 発売日: 2015/11/30
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (2件) を見る
 

 

 

 

シルバーカラスのカラテのワザマエ

シルバーカラスはソウカイ・シンジケートに所属しないフリーランスの存在である。ネオサイタマのフリーランスのニンジャは基本的に腕が立つ。単なるサンシタはソウカイ・シンジケートに恭順を誓わされたり、殺されたりするからだ。彼はソウカイ・シンジケートと友好的な関係を維持し、ツジギリ・ビズを遂行していた。

彼のカラテがどれ程のものであったかは推測するしかないが、「スワン・ソング……」のエピソード内だけでも相当数のニンジャをほとんど苦も無く手にかけている。恐らくそのワザマエはザイバツ・シャドーギルドであればマスター級のそれであったろう。

ニンジャの鍛錬とは・インストラクションとは

カラテが未熟なヤモトにイアイのインストラクションを施したシルバーカラス。ネオサイタマのニンジャソウル憑依者たちの間で共有された知識ではないが、ニンジャは子をなすことがないゆえに、血のつながりが無い相手にインストラクションを施し、後世に情報遺伝子を伝えてゆく。意識せずとも彼はニンジャのインストラクションを行ったとも言える。 

ニンジャは学習能力が非常に高く、効率的に学ぶことが可能だ。カラテのカタそのものが頭に入れば、その身体運びは劇的に改善される。ヤモトは短期間でシルバーカラスのインストラクションを通してイアイドーのベーシック・アーツを習得する事ができた。

かつて力におぼれた男が何かを残すとき

シルバーカラスはイアイマスターであるタオシ・ワンツェイ=センセイの弟子であり、将来を有望視された存在だった。しかしニンジャソウルが憑依し、身体能力の劇的な向上とともに強力なイアイ・カラテを得た事で、イアイドーそのものを軽視するに至る。センセイのもとで黙々と修練に励むこと自体がくだらなく思えてしまったのだ。これはニンジャソウル憑依者に訪れる典型的な心境変化である。実直に生きる事がバカバカしくなり、他者への共感性を失い、刹那的な快楽に走る。シルバーカラスは闇社会へ堕ち、己の闇のカラテを頼りにビッグマネーを獲得するツジギリ・ビジネスに邁進するようになった。そんな彼が、いくつかのきっかけを経て、ヤモトにインストラクションを施すに至った。それは何か。是非「スワン・ソング…」を読んでいただきたい。

 

◆未来へ◆

シルバーカラスの記事、いかがだったでしょうか。「スワン〜」はドラマCDが存在し、「キョート・ヘル・オン・アース(上)ドラマCDつき特装版」に付属しています。こちらも最高の出来なので、ぜひチェックしてみてください。

f:id:NinjaHeads:20140918230210j:plain

ebten.jp


また、たくさんのウキヨエ投稿ありがとうございました。この記事のために投稿していただいた全てのウキヨエは、こちらからチェックできます。なお、これらのキャラ紹介記事はニンジャスレイヤープラスにイラストなどの無いシンプルな形で掲載されてゆく予定です(ニンジャスレイヤープラスそのものの紹介記事も準備中です)!

(Tantou)

f:id:NinjaHeads:20161109131125j:plain