ニンジャスレイヤー公式ファンサイト:ネオサイタマ電脳IRC空間

近未来都市ネオサイタマを舞台としたサイバーパンク・ニンジャアクション小説「ニンジャスレイヤー」の日本語版公式ファンサイト。翻訳チームが運営しています。

2016年9月発売のコミカライズ新刊と、「レガシーズ・オブ・メガトリイ」!


ドーモ、ブログのTantouです。8月はニンジャスレイヤー第3部「不滅のニンジャソウル」編のラストスパート連載で、翻訳チームほぼ全員がニルヴァーナに渡りかけていましたが、ようやく新たなニンジャの動きをお伝えすることができるようになってきました。久々の更新となる今回は、9月発売のコミック新刊2冊と、11月末発売予定の物理書籍最新刊「リフォージング・ザ・ヘイトレッド(仮)」の収録エピソード情報をレポートします!

 

ゲイシャ・カラテ・シンカンセン・アンド・ヘル!

ニンジャスレイヤー(9) ?ゲイシャ・カラテ・シンカンセン・アンド・ヘル(イチ)?<ニンジャスレイヤー> (角川コミックス・エース)

今度はキョートでニンジャを殺す! コンプティーク誌上で第一部「ネオサイタマ炎上編」の連載が続く中、コンプエース誌のダブル連載で一足早くキョート行シンカンセンに乗り込んだフジキド! だがそこにはジェノサイドを輸送中のザイバツニンジャや、ジェノサイドと少なからぬ因縁を持つゲイシャのユリコが乗り込んでいた。ゼンめいたスペクタクルに溢れる第2部初期の名作「ゲイシャ・カラテ・シンカンセン・アンド・ヘル」の前編が、早くもコミック単行本で登場! 9月26日発売です。

 

ニンジャスレイヤー(9) ?ゲイシャ・カラテ・シンカンセン・アンド・ヘル(イチ)?<ニンジャスレイヤー> (角川コミックス・エース)
 

 

ebtenDXパックはオハギとビキニ!

 「ゲイシャ・カラテ〜」にはまだ登場しませんが、ワタナベ=サンも一足早くグッズ化です。この湯呑みでお茶を飲んでオハギを食べたら遥かに良さそうですね!

 

 

ジ・アフターマス! 

ニンジャスレイヤー殺(4) (シリウスKC)

 

水曜日のシリウスで連載中の「ニンジャスレイヤー殺(キルズ)」は、原作者監修のもと少年漫画色の強いアレンジがなされているシリーズです。最新刊第4巻が2016年9月9日に発売! ここからさらにストーリーが小説版と異なっていきます。ユカノの活躍も実際増え、1部時系列の補完的な楽しみがあります! 巻末のニンジャサイバネギミック紹介も実際充実。初期ラフも含め、センチピード&ガントレットは特に必見です!

 

ninjaheads.hatenablog.jp

ニンジャスレイヤー殺(4) (シリウスKC)

ニンジャスレイヤー殺(4) (シリウスKC)

  • 作者: 関根光太郎,本兌有,杉ライカ,ブラッドレー・ボンド,フィリップ.エヌ・モーゼズ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2016/09/09
  • メディア: コミック
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

また今回も各種書店特典が充実しています!

 

レガシーズ・オブ・メガトリイ

そして、2016年11月発売予定のニンジャスレイヤー物理書籍最新刊「リフォージング・ザ・ヘイトレッド(仮)」の収録予定作品がすべて決定しました! 以下のとおりです:

  • リフォージング・ザ・ヘイトレッド
  • ヒア・カムズ・ザ・サン
  • ウィアード・ワンダラー・アンド・ワイアード・ウィッチ
  • リヴィング・ウェル・イズ・ザ・ベスト・リヴェンジ 
  • レガシーズ・オブ・メガトリイ【書き下ろし】
  • レイズ・ザ・フラッグ・オブ・ヘイトレッド(前編)

 

「レガシーズ・オブ・メガトリイ」の主な登場人物は、アガメムノン、アルゴス、エシオ・カタリ、ネコチャンです。まだ作業中ですが、原作者二人から届いた原稿を読む限り、ページ数は40前後となる見込みです。Y2Kと電子戦争の中で滅びた暗黒メガコーポ「メガトリイ社」の詳細が徐々に明らかになり、3部クライマックスへと向かうパズルのピースがどんどん揃っていきます。また、物理書籍ではこれがエシオの初登場となりますので、イラストも今から楽しみですね!

もちろん各エピソードともに、いつものように加筆修正が行われています。物理書籍最新刊については、また発売日などが決定したら特集記事を組む予定です。お楽しみに!

 

(Tantou)

 

広告を非表示にする