読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニンジャスレイヤー公式ファンサイト:ネオサイタマ電脳IRC空間

近未来都市ネオサイタマを舞台としたサイバーパンク・ニンジャアクション小説「ニンジャスレイヤー」の日本語版公式ファンサイト。翻訳チームが運営しています。

ニューヨークの食べ物、ブロードウェイで観たもの、そしてボンド=サンとの対話

 

f:id:NinjaHeads:20160304131855j:plain

3月初旬、翻訳チームの一部は、ボンド=サンに直接会うためにニューヨークにいました。ニンジャスレイヤー第3部最終話の原稿を受け取り、フェイストゥフェイスでブリーフィングを受けるためです。ニューヨークから送られてきた断片的なメッセージと写真をアップしておきます。なお、時系列はバラバラです。

f:id:NinjaHeads:20160308130915p:plain  

f:id:NinjaHeads:20160308151339p:plainf:id:NinjaHeads:20160308151012p:plainf:id:NinjaHeads:20160308150900p:plainf:id:NinjaHeads:20160308150814p:plain

 

 

ニューヨークおすすめ食事スポット

食事、していますか? いざニューヨークにいってみても、そもそもどこで何を食えばいいかわからないという事態は発生しがちです。適当な店に入っても、日本で1000円位の感覚で食べると、2000円から3000円位はザラです(現在レート113円くらい)。レートのせいもありますが、そもそも物価が高く、税金とチップで3割増しになり、天文学的な数字となるのです。ならばホットドッグスタンドならば庶民的で安いのでは……と思って試してみても、ジュースとかまで買うとなんだかんだで10ドルを軽く超えたりします。栄養が取れないとせっかくの旅行がサバイバル化するので、今回は翻訳チームが実際に利用したおすすめのお店を紹介します!

アップタウン(コロンビア大学やセント・ジョン・ザ・ディヴァイン大聖堂周辺)

Metro Diner (2641 Broadway, 1, New York, NY 10025)

f:id:NinjaHeads:20160302130118j:plain

f:id:NinjaHeads:20160308150814p:plain コロンブス・サークルの周囲には美味しいお店がたくさんあり、比較的値段も安めです。中でもおすすめは METRO DINER。これぞアメリカンという感じのボリューム満点のバーガーとチップスが11ドルくらいで食べられます!! 写真チリビーンズの入ったバーガー。食べ応え抜群だし、野菜もフレッシュ。ニューヨークでは新鮮な野菜やフルーツが付け合わせにタダでついてくると、それだけでお得感があります。アメリカのフレッシュ野菜やフルーツは本当に美味しい! デリ系もいいけど、野菜って重量があるから以外と高くなっちゃうんですよね〜。デリ系が良ければ、すぐ近くにあるWhole Foods Marketがおすすめです。世界各国のビールが飲めますよ。

 

ブロードウェイ/タイムズスクエア周辺

Cafe Cranberry (115 W 45th St #1, New York, NY 10036)

 

f:id:NinjaHeads:20160305100349j:plain

f:id:NinjaHeads:20160305100401j:plain

f:id:NinjaHeads:20160308150900p:plainマンハッタンでまずビビるのは、物価の高さです。特にブロードウェイ、タイムズスクエア周辺は、めちゃくちゃ高い。毎食レストランで食っていると破産するのですが、自炊するためにドミトリーとかに戻っていると時間が勿体無いので、折衷案としてデリがおすすめです。好きなものを好きなだけ取って量り売りなので、アメリカンサイズで食べきれない……的な問題も発生しません。ホットとコールドで分かれていますが、値段は同じなので、同じ容器にコールドもホットも好きなように詰め込んで、レジに持っていくだけです。フレッシュ野菜やフルーツも摂取して人間性を取り戻す事ができます! (容器がデカいので目の錯覚に注意しましょう! 日本のデリの気分で詰め込むと、あなたは大抵3割から5割くらい多く盛っていて、食べきれなかったり値段に驚いたりします)

 

f:id:NinjaHeads:20160305095344j:plain

モーニングも朝7時くらいからやっているので、ベーグル(7ドルくらい)やマフィン(5ドル弱)を食べておけば、昼まで余裕で歩き続けられます(最初から半分にカットしてくれてるので、半分残して携帯食にしてもいい)。またイタリア系のデリなので、ピザも安くて美味しい(釜で焼き直してくれる。安いのだと2ドル代から)! シーティング(イートイン)もできて、2階にはテーブル席が多数! しかも明るく安全な雰囲気。たまにNYPDも10人近くご飯を食べに来ています。

f:id:NinjaHeads:20160303213046j:plain

タイムズスクエアでは運が良いとNYPD騎馬隊にエンカウントできます。 

 

チャイナタウン 

東京市場 (91 Mulberry St, New York, NY 10013)

f:id:NinjaHeads:20160304131457j:plain

f:id:NinjaHeads:20160304131836j:plain 

f:id:NinjaHeads:20160308153432p:plainパックド・スシを食べたくなる衝動は誰にでも不意に訪れますよね。それはアップタウンの高級コンビニの前を歩いている時かもしれないし、チャイナタウンを歩いていて「東京市場」の前を通りがかった時かもしれません。前者の場合は十数ドルもするが美味しい。後者の場合は3ドルで実際安い。

 

高級菓子:優の良品

f:id:NinjaHeads:20160304133026j:plain

 f:id:NinjaHeads:20160308153457p:plainまた東京市場の近く(37 Mott St, New York, NY 10013)には「優の良品」もあります。「東京恋人」「むけてる」などのアバンギャルドな日本風製品が並んでいます。高い。ロンドンのチャイナタウンのそれよりも整然とした印象があります。日本では絶対にお目にかかれないので、とりあえず覗くくらいはしておきたいですね。

 

 

ボンド=サンに会いに来ました

f:id:NinjaHeads:20160308161507p:plainもちろん、我々はメシだけ食いに来たわけではなく、冒頭に書いたように、原作者の一人であるブラッドレー・ボンド=サンとの物理ブリーフィングが目的です。我々はボンド=サンと直に会い、原稿を受け取り、3部ラストや4部のインストラクションを受けるためにきています。

 

f:id:NinjaHeads:20160304103159j:plain

ニューヨークは今朝から雪が降り、めちゃくちゃ寒い。謎の地下蒸気もそこらじゅうから湧いている。おそらくニンジャの仕業だと思われますが、まだ実際ニンジャには遭遇できていません。ニューヨークに来てから一度もです。不思議な話だ。 

 

f:id:NinjaHeads:20160302143208j:plain

教会のこのような場所で待っていると、ボンド=サンが来ました。いつものように物静かで、穏やかな、哲学者めいた物腰でした(彼はニンジャ神話と北欧神話の類似性の研究に関する第一人者です)。

 

f:id:NinjaHeads:20160304131453j:plain

教会は暗くて原稿がよく見えないので私たちはレストランに移動しました。そこでボンド=サンから、分厚い原稿と、いくらかのお土産を貰った。このように直接原稿が手渡されるのは極めて稀です。IRCを使えば一瞬でファイル転送できるからです。

分厚い封筒2つを見て、果たして日本語にした時に物理書籍何冊分になるだろうと私が顔を青ざめさせると、ボンド=サンは察したように笑い、「大丈夫、原稿だけじゃない、他にもいろいろ楽しいものが入っているんだよ、翻訳チームのためのね」と言った。

 

f:id:NinjaHeads:20160302092603j:plain

しかしボンド=サンは原稿説明も半ばで、私たちを外に連れ出し、街を案内し始めた。モーゼズ=サンお気に入りのアーティストが個展中のギャラリー、コミックの揃う場所、良い音楽、フェアやショウ、少し危険な場所について(ニンジャが出ないか心配)。「インストラクションはどうしたのですか?」と我々が不安になって聞くと、ボンド=サンは「インストラクションはもう始まっているよ」と笑った。我々は様々な場所を巡り、ニンジャを探し、ボンド=サンと対話を行いました。

 

f:id:NinjaHeads:20160308131110p:plain

チェルシーの様々なギャラリーや、川沿いのアートフェア 

f:id:NinjaHeads:20160304143334j:plain

f:id:NinjaHeads:20160304143251j:plain

パンキッシュなガールズの他に、カエルチャンやタコチャンなども多数登場してかっこよさがある。

 

f:id:NinjaHeads:20160308153457p:plainチェルシーには大小あわせて200近いギャラリーがあるそうです。ボンド=サンに案内され、たくさんのギャラリーを見て回った。「ちょうどZAK SMITHが個展をやっている。モーゼズが大好きなんだ。とてもパンクだよ」とボンド=サン。我々は中に入り、たくさん写真を撮りました。

 

f:id:NinjaHeads:20160303112901j:plain

その近くにあったこのギャラリーでは、" Human | Nature " をテーマに、様々な自動機械群が展示されていた。こちらはボンド=サンのお気に入りだそうな。

 

f:id:NinjaHeads:20160303115652j:plain

延々ペンで文字を書き、裁断し続けるマシン。

 

f:id:NinjaHeads:20160303115733j:plain

f:id:NinjaHeads:20160303115822j:plain

自動演奏を繰り返すマシン。

 

他にも3月初旬にはいろいろアートフェアが

f:id:NinjaHeads:20160303161736j:plain

チェルシーには大小様々のギャラリーが山ほどある。また3月頭にはArmory Showという最大級の現代アートフェアや、その近くではSCOPEという若手中心のもう少しオルタナティブなアートフェアも開催されている。どちらも一気にいろいろ観れるので、時期が合えばおすすめ。ニューヨークは乾いた殺伐都市なので、アートがないと人々は死んでしまうのだそうだ。

 

f:id:NinjaHeads:20160308131110p:plain

メトロポリタン美術館:セントラルパークの中 

f:id:NinjaHeads:20160304150713j:plain

f:id:NinjaHeads:20160308150814p:plain

ニューヨークに来たらとりあえず訪れたいメトロポリタン美術館!!!場所はセントラルパークの中央付近にあるので、散策しながら向かいたいですね!!!!!!

 

f:id:NinjaHeads:20160304133312j:plain

セントラルパークはマンハッタン島の真ん中にあるでかい公園だ。木から何かが降りてきたので、ニンジャかと思ってもの陰に隠れたが、それはただのリスチャンでした。

f:id:NinjaHeads:20160304133440j:plain

 

f:id:NinjaHeads:20160308150900p:plainついたらとりあえず2階へ行きましょう。

f:id:NinjaHeads:20160302105611j:plain

f:id:NinjaHeads:20160308151339p:plain日本コーナーにあるShoinから、あなたは強いゼンを感じる。

 

f:id:NinjaHeads:20160304144326j:plain

f:id:NinjaHeads:20160302110354j:plain

 

f:id:NinjaHeads:20160308151012p:plainフルプレートアーマーや仏教ウェポンをはじめ、世界各国の武器や鎧が多数展示されており、サムライもあるが、ニンジャやスリケンの展示はなかった。人類の歴史のダークサイドについて、意図的に隠されているのだとしか思えません。

 

f:id:NinjaHeads:20160304144500j:plain

中華風の屋根もかっこいいですね。そういえば、ニンジャスレイヤーにはあまり中国文化の混在を感じさせる描写が無い気がします。「カンバンもそうだが、設定を踏まえて、あえて混在を避けている。少し調べれば、どれが中華風の文化で、どれが日本風の文化かはすぐにわかるものだからね。もちろん、オリエンタル系フィクションの中には、知っていて意図的に混ぜてるものも多いだろう。何故かって? きっと、かっこいいからだよ。日本のファンタジーだって、フランスもイギリスもドイツも全部混ぜてるだろう」とボンド=サン。なるほど、確かにそうですね。

 

f:id:NinjaHeads:20160304144602j:plain

この仏像からはとても豊満さを感じます。ユカノと何か関係があるのでしょうか?「無論ある。ユカノには日本だけでなく、東洋的な美のエッセンスが多含まれている。それは数千年前に遡るもので、自然と結びつきが強く、西洋的な美とはまた違うしなやかさがある。彼女は一度、神にも近しいドラゴン・ニンジャとしての完全性を失い、そしてそれを取り戻そうとしている一方で、そうした不完全性を保ち続けようともしている。彼女はそこかしこに矛盾をはらんでおり、それが彼女を生かし続ける力にもなっている。西洋的な完全性とはまた違う、美しい曖昧さがある。物理書籍の発売前、わらいなく氏のナンシーとユカノの描き分けに関するラフスケッチとサンプルを見て、彼ならば大丈夫だ、と私は大いに納得したものだ」とボンド=サンは静かに頷いた。

 

f:id:NinjaHeads:20160304145757j:plain

ブディズムといえば発祥はインドですが、何かニンジャスレイヤーにもインドに由来する要素はあるのでしょうか? 「もちろんある。ナラク・ニンジャのナラクの語源は、サンスクリット語のナラカ、すなわち地獄だ。またニンジャたちはしばしばザゼンを行うが、チャドー呼吸はザゼンの呼吸法、すなわちその源流であるヨガの呼吸からヒントを得た。本来は深い鼻呼吸だが、音でわかりやすいように劇中では口呼吸の場合もある。どっちでもいい。ニンジャだからね。他にも、ハッカーの使うチャントにはサンスクリット語が使われているよ」とボンド=サンは言った。

 

ボンド=サンと歩くニューヨーク

f:id:NinjaHeads:20160305175502j:plain 

ボンド=サンおすすめのブロードウェイ・ショウは何か聞いてみた。ひとつめはサウスパークのトレイ&マットが手がけたミュージカル「ブックオブモルモン」、そしてもう一つは1920-1930年代風の廃ホテルを舞台に繰り広げられる「スリープノーモア」だ。 

f:id:NinjaHeads:20160308131110p:plain

ブックオブモルモン:タイムズスクエアの近く

bookofmormonbroadway.com

f:id:NinjaHeads:20160308125357j:plain

ブック・オブ・モルモンは、モルモン教をテーマとしたミュージカル。サウスパークのトレイ&マットが制作しており、サウスパークやチームアメリカなどが好きな人は間違いなく楽しめるだろう。模範的で優等生的なエルダー・プライスと、ブック・オブ・モルモンもろくに読んだことがなく、スターウォーズとロードオブザリングとマトリックスの事しか知らないような映画ボンクラギークのエルダー・カニングハムが、将軍の暴政とエイズ蔓延に苦しむウガンダ(食人大統領アミン的な理解によるウガンダ)へとモルモン教の伝導に向かう。不謹慎な台詞回しや映画ネタなどにゲラゲラ笑うだけでなく、ジョセフ・スミス・ジュニアのやった事とカニングハムのやった事に本質的な違いはあるのか、そして結局自国以外のことにあまり興味がない(映画を通してしか他国のことを知らない)典型的な人間像なども客観視できる。全てが「ある物事に対しての典型的な誤解や誇張」に沿って話が進んでゆくが、それは意図的に配置された典型であり、舞台の前提が全て間違っているのに、やっている当人たちは真面目にやっているのだ。

f:id:NinjaHeads:20160308132616j:plain

神聖なものと俗悪なものを、境目が無くなるくらいミキサーにかけたような作品。ニンジャスレイヤーの中にも、いい話だったような強引にいい話に持って行かれたような、ひどい話だけど実はいい話だったような気がするような、いい話のようだけど素直に受け入れていいのかどうか引っかかりもう一度全体を俯瞰的に眺めたくなるような読後感のエピソードがあるが、そのようなものが好きな人には特におすすめ。モルモン、ジーザス、ヒトラー、ダースベイダー、スターバックスコーヒーなど、登場人物も多彩だ。Nic演じるエルダー・プライスは特にパワフルで、この期間に色々見たショウの中でみても最もパワがあった。キャストが誰かとかは割と運なので、その辺も楽しみのひとつらしい。

f:id:NinjaHeads:20160308131110p:plain

スリープノーモア:ブロードウェイの外れ、チェルシーとの境目あたり

f:id:NinjaHeads:20160308102818g:plain

スリープノーモアは、廃倉庫を改造して造られた1920-1930年代風のホテル「マッキトリック」全体を舞台としてショウが繰り広げられる。到着すると観客はトランプのカードの1枚とマスクを渡され、各階に数名ずつバラバラに放り出される。観客は一言も喋ってはならず、俳優に触れてもならない。それ以外は自由であり、特定の俳優の後ろ1メートルくらいの距離をひたすらストーキングしてもよい。激しいダンス、全裸シーンなどもある。

殺害シーンなどはかなりショッキング。6階ある建物内には、ベッドルーム、墓地、ボウルルーム、探偵事務所、礼拝堂、殺人現場、剥製屋など100近い部屋があり、どこでも好きなとこを歩き回り、小道具などは全て自由に触って見たりできる(実際、手紙などを開いたりしていかないと内容全てを把握する事はできない)。そこかしこから、古いラジオの曲や、ホラー的なノイズ、時には叫び声がきこえてくる。約1時間で終了する無言の演劇とダンスが、そこかしこで繰り広げられ、3時間の公演のうちに3回ループする。また、探偵事務所などには鍵のかかった隠し部屋などもあり、俳優に対して何か特定のアクションを起こす事で、その観客だけが特別に中に入れるなどの仕掛けもあるようだ(ついていこうとしたら無理だった)。

f:id:NinjaHeads:20160308102930g:plain

内容はマクベスをもとにしているが、舞台設定を1920-1930にすることで、魔女3人が当時流行っていた黒魔術や降霊術的な事をしてヘカテと交信していたりなど、いわゆる禁酒法時代もの、ラヴクラフト時代もののサイコホラーが好きな人にもたまらない。内容的に未成年の入場が不可能なので、パスポートを提示するために持って行った方がよいだろう。なお、無声劇なので英語わからなくても楽しめる。

www.sleepnomore.com

 

 

f:id:NinjaHeads:20160308153616p:plainワンポイントメモ

地下鉄は7日フリー券がべんり point! 

f:id:NinjaHeads:20160304112307j:plain

f:id:NinjaHeads:20160308160802p:plainニューヨークの地下鉄といえば「汚い」「危険」「ファックされる」などの悪いイメージを抱いている人も多いのでは? 翻訳チームもNY1997的な危険世界を想像し侵入したら即ファックされるのではないかと案じておりましたが、よく考えるともう西暦2016年だったので、驚くほどきれいで安全でした(でもトイレは相変わらず使わないほうがいいみたい)。7日間乗り放題カードを買えば、地下鉄とバスが乗り放題になります! 地下鉄やバスは便利で、翻訳チームもさまざまな場所に行きました。

 

f:id:NinjaHeads:20160304125854j:plain

地下鉄車内での迷惑行為は禁止されているので、誰もしていなかった。アメリカが法治国家である証だ。 

 

f:id:NinjaHeads:20160308131110p:plain

New Hope Martial Arts Supply (823 Ave of the Americas #2, New York, NY 10001)

f:id:NinjaHeads:20160304144824j:plain

f:id:NinjaHeads:20160304144833j:plain

f:id:NinjaHeads:20160308161507p:plainNEW HOPEすなわち新たな希望……。チェルシー付近のストリートの2階にあるこのマーシャルアーツサプライとビデオの店は、ブラックベルトや木人的なもの、および様々なカラテ製品を購入したい人にとって見逃せないお店です。「武士道」「カラテ」「空手」「忍者」などと書かれたカラテワッペンは値段もお手頃で、お土産にもおすすめ!

 

f:id:NinjaHeads:20160304144857j:plain

階段には年季の入ったポスターが多数。マスタリング・ホワイト・クレイン・カラテのポスターからは、特に強いゼンを感じます。

 

 未来へ

 

 今回、なぜニューヨークで直接ブリーフィングを行う事にしたのか、ボンド=サンは結局、答えを示してはくれなかった。ただおそらく、ニューヨークという街を我々にもっと深く知ってもらいたかったのだろう。自由の女神……リスチャン……英語……ハンバーガー……人種問題……あと野球とか人生……そういうものについてだ。今回の旅はきっと、今後の作品翻訳に活かされることだろう。

f:id:NinjaHeads:20160308130525p:plainf:id:NinjaHeads:20160308130646p:plain

(Tantou)

 

 

 

広告を非表示にする