ニンジャスレイヤー公式ファンサイト:ネオサイタマ電脳IRC空間

近未来都市ネオサイタマを舞台としたサイバーパンク・ニンジャアクション小説「ニンジャスレイヤー」の日本語版公式ファンサイト。翻訳チームが運営しています。

登場人物紹介:シャドウウィーヴ(01):暗黒ハイクを詠むダークサイド高校生ニンジャ

今回の登場人物紹介は、ヤモトやショーゴーとは異なり、いわゆるダークサイドに属して何度もニンジャスレイヤーと戦うことになる高校生ニンジャ、シャドウウィーヴだ。

f:id:NinjaHeads:20151226191748j:plain

「……お前に俺のジツは破れない。俺の空はお前の空よりも暗い……

【シャドウウィーヴ】

ザイバツ・シャドーギルドに属するニュービーニンジャ。クナイ・ダートを相手の影に突き立てて動きを封じる特殊なカナシバリ・ジツの使い手。師匠ブラックドラゴンをニンジャスレイヤーによって殺され、激しい憎悪を燃やす。

◆外見的特徴◆

ザイバツ紋が入った、黒に近い濃い灰色のニンジャ装束。全身にクナイダート・ベルトを巻いている。装束にはパーカのようなフードが備わる。メンポについては具体的記述がない。外見年齢は十代後半。身長は約169センチ。髪色、瞳の色は黒。生体LAN端子を1個持つ。

 

◆戦闘スタイル:影を操る多彩なジツ◆

ジツ:カラテ比率=6:4程度。アーチ級の強大なニンジャソウルを憑依させており、影に関連した様々なジツを使う。ニンジャ基準ではカラテに乏しいほうだが、サイバネ・アウトローやクローンヤクザ程度であれば難なく始末できる。重量級ではないため、カラテパンチよりは速度を乗せたカラテキックを、また素手よりもクナイ・ダートによる殺害を得意としている。

・シャドウピン・ジツ:クナイ・ダートを敵の影に突き刺してカナシバリ状態にさせるジツ(いわゆる影縫)。シャドウピンを受けた敵は、強烈な光で影を打ち消すか、あるいは外部から物理的衝撃を受けるまで身動き不能の無防備状態となるため、どれほど格上の相手でも、命中させれば一発逆転を狙える。憑依直後から現在まで、シャドウウィーヴが最も頼りにしているジツであるが、彼にはクナイ生成ができないため、装備しているクナイ残弾数が生命線となる(それゆえ大量のクナイ・ダートを装束に括り付けている)。なお、敵がバイクなどに乗っている場合は効かない模様。

・シャドウコピー・ジツ:自らの影を実体化させ、分身として操るジツ。亡き師ブラックドラゴンを影で編み上げて戦わせ、連携攻撃を行う。シャドウコピーは倒されても再度編み上げられるため強力だが、術者はかなりの精神集中を必要とし、ニューロンに多大な負荷がかかる。

・シャドウドラゴン化:自分自身の体を影の鎧で包みこみ、竜人のごとき姿を取るジツ。師匠ブラックドラゴンの純粋な強さと耐久力、シャドウウィーヴ自身の内なる攻撃性や激情が混ざり合ったような異形の姿である。その身体能力は、ニンジャスレイヤーと同等レベルにまで跳ね上がる。口からはブラックドラゴンのようにブレスを吐き出すこともできる。

f:id:NinjaHeads:20151226212317j:plain

「……骸怨ノ/死セル陽ノ下/影ヲ編ム」

 

この他にも、敵の足元から影の腕を伸ばして足首をつかむジツ(名称不明)や、自分の影から十二個の分身を作るジツ(名称不明)など、影にまつわる様々なジツを使いこなす。ただ、どれも大規模破壊的なジツではなく、緻密な精神集中を要するものが多いため、単独での戦闘は極めてリスキーである。またシャドウウィーヴは肉体・精神ともに未熟であるため、アーチ級ニンジャソウルの持つポテンシャルを活かし切れておらず、これらの強大なジツを扱いきれていない。シャドウピン・ジツも極めて強力ではあるものの、そもそも格上のニンジャ相手に1対1でシャドウピンを命中させること自体が極めて困難である。このような理由から、シャドウウィーヴは他のニンジャと組み、支援的な立ち回りを行うときにその力を最大限発揮できるといえる。

 

 ◆オリジン・エピソード◆

シャドウウィーヴが我々の前に初めてその姿を現したのは、物理書籍5巻「ザイバツ強襲」に収録の「リキシャー・ディセント・アルゴリズム」であった。 
ニンジャスレイヤー ザイバツ強襲!

ニンジャスレイヤー ザイバツ強襲!

  • 作者: ブラッドレー・ボンド,フィリップ・N・モーゼズ,わらいなく,本兌有,杉ライカ
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/エンターブレイン
  • 発売日: 2013/06/29
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (11件) を見る
 

ガンドー探偵事務所を襲撃し機密フロッピーを奪うべく、ザイバツ・シャドーギルドはシテンノの一人ブラックドラゴンと、その弟子(アプレンティス)たるシャドウウィーヴを派遣したのだ。だがそこにはニンジャスレイヤーがおり、師匠ブラックドラゴンは爆発四散し、シャドウウィーヴ自身もタカギ・ガンドーの49マグナムで片腕を吹き飛ばされる重傷を負う。辛うじて任務自体は成功させキョート城に生還したシャドウウィーヴであったが、ニンジャスレイヤーによって師匠を殺されたことにより、ネオサイタマの死神に対して激しい復讐心と憎悪を燃やすこととなる。

その後、物理書籍7巻「荒野の三忍」の「ナイト・エニグマティック・ナイト」において、「リキシャー〜」から時系列を遡り、閉塞感にまみれた暗黒のハイスクール生活を送る高校生ナブナガ・レイジと、彼がいかにしてニンジャソウルに憑依されてシャドウウィーヴとなり、師ブラックドラゴンと出会ってザイバツ・シャドーギルド入りを果たしたかの顛末が描かれた。

ニンジャスレイヤー 荒野の三忍 (キョート殺伐都市 # 3)

ニンジャスレイヤー 荒野の三忍 (キョート殺伐都市 # 3)

  • 作者: ブラッドレー・ボンド,フィリップ・N・モーゼズ,わらいなく,本兌有,杉ライカ
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/エンターブレイン
  • 発売日: 2013/10/31
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (10件) を見る
 

 ◆重要エピソード◆

第2部のクライマックスとなる「キョート・ヘル・オン・アース(上)」「キョート・ヘル・オン・アース(下)」では、最終決戦の場であるキョート城を舞台にニンジャスレイヤーとの決着がつけられる。また(上)には彼を主役とした書き下ろしエピソード「ビフォア・ザ・ストーム」も収録されており、ザイバツの内部事情やシャドウウィーヴというキャラをさらに深く知るにあたって、必読と言えるだろう。
ニンジャスレイヤー キョート・ヘル・オン・アース 【上】 (キョート殺伐都市 # 7)

ニンジャスレイヤー キョート・ヘル・オン・アース 【上】 (キョート殺伐都市 # 7)

  • 作者: ブラッドレー・ボンド,フィリップ・N・モーゼズ,本兌有,杉ライカ
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/エンターブレイン
  • 発売日: 2014/10/14
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (4件) を見る
 
ニンジャスレイヤー キョート・ヘル・オン・アース 【下】 (キョート殺伐都市 # 8)

ニンジャスレイヤー キョート・ヘル・オン・アース 【下】 (キョート殺伐都市 # 8)

  • 作者: ブラッドレー・ボンド,フィリップ・N・モーゼズ,本兌有,杉ライカ
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/エンターブレイン
  • 発売日: 2015/01/24
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (5件) を見る
 

 

 =====  NINJA FACTS  =====

 
◆世界への絶望と、人外の存在への憧れ◆
本名はナブナガ・レイジ。ニンジャ化する前は、キョート共和国アッパーガイオンのハイスクールに通う一般的な高校生であった。だがカチグミの父親がカロウシした後、家庭環境が急激に暗黒化。母親は薬物依存ノイローゼとなり、暴力的な重サイバネの退役軍人モヒカンが家に居座るようになった。将来に絶望したレイジは進学コースから外れ、授業中にも暗黒ハイクをノートにしたためながら暗い妄想に耽る有様で、クラスメートからもムラハチされた。その後、レイジはある取り返しのつかない事件をきっかけにニンジャソウル憑依者となり、暗い激情に突き動かされるままクラスメートを虐殺し、モヒカンを殺す。直後、彼はブラックドラゴンから闇のニンジャ組織、ザイバツ・シャドーギルドへと誘われるのだ。人間世界に絶望していたシャドウウィーヴは、迷う事なくその運命を受け入れるのだった。
 
このようにシャドウウィーヴは、生い立ちや憑依ソウルの格から言うと、ヤングアダルト系の小説であれば主人公をやっていてもおかしくないほどのプロフィールを持っている。だが代わりに、彼はザイバツの説くニンジャ選民思想や、闇の世界の秩序を保とうとする師ブラックドラゴンへの憧れや敬意により、ザイバツ・シャドーギルドという邪悪なニンジャ組織に属することとなった。最初にブラックドラゴンではなく他のニンジャと出会っていたら、彼の運命はまた異なるものになっていただろう。
 
シャドウウィーヴというキャラクターを造形するにあたって原作者は「閉塞感しかない鬱屈とした日々を送る中で、ヴァンパイア幻想に逃避することで反抗的姿勢を示すような若い学生をまずイメージし、その舞台をアメリカからキョート共和国に変え、憧れと現実逃避の対象をヴァンパイアからニンジャに変えた結果、ナブナガ・レイジが生まれた。ヴァンパイアとニンジャは極めて近しい存在なので、何も難しい事はなかった」と語っている。
 
◆逆位置のドラゴン◆
オリジン・エピソードを読めばわかる通り、シャドウウィーヴは邪悪なニンジャとも善良なニンジャとも言い難い、複雑にねじくれたバックグラウンドを持つ。組織や世界の本質を見抜く強い感受性と潔癖さ、そして直情的な反抗心を持ちつつも、人間社会に対しては絶望し、軽蔑しているため、闇の秩序を保つためであればモータルを殺すことに対してほとんど躊躇がない。ヤモトやショーゴーなどの高校生ニンジャが、邪悪なニンジャ組織に対して極めて健全な反抗姿勢を示すのに対して、シャドウウィーヴはその暗い鏡写しのような存在である。また、敵に師匠を殺されているという点で、ニンジャスレイヤーとの対比も随所に見られる。
 
彼らとレイジの最も大きな相違点は、初めから「無慈悲な夜の怪物であるニンジャに憧れていた」点だ。もちろん、この世界ではニンジャは虚構(フィクション)内の存在であるため、レイジは暗黒ハイクのインスピレーションを得るための対象としてニンジャを選んでいたのであり、現実に存在するなどとは考えてもいなかった。モータルであった頃、レイジは夜な夜な孤独なニンジャセッションに耽り、暗黒ハイクノートに無慈悲にして美しいセンテンスを綴っていたのだ。だがある日、ニンジャソウルの憑依により、それが現実のものとなる。狂っているのは自分ではなく世界だと考え、暗い幻想(ニンジャ)に逃避していた反抗的な若者に対して、その幻想の対象たる夜の怪物(ニンジャ)が実は現実であったことが突きつけられた時、果たして何が起こるのか。実に難しい文学的テーマだ。しかも、その夜の怪物たちはすでに大規模な組織を構築していたのだ。
 
結局のところ、ザイバツ・シャドーギルドはシャドウウィーヴが思い描いていた気高い理想社会などではなく、人間社会の縮図めいた権力闘争や政治的駆け引きなどが存在することが渦巻いており、理想と現実の間でレイジは葛藤することとなる。加えて、ザイバツニンジャにとっては早々に捨て去るべき「人間性」を最後まで捨てきれず、大いに苦しむのだ。このように、シャドウウィーヴは悩み続ける未熟なダークサイド・キャラクターであり、そこが大きな魅力でもある。第1部には存在しなかった「読者にとって感情移入しやすい敵側の若者キャラクター」であり、シャドウウィーヴの存在と視点によって、我々は内側から見たザイバツの邪悪さや恐ろしさ(そしてそれが魅力でもある)を追体験でき、第2部のストーリーにさらなる奥行きを得られるのである。
 
◆未来へ◆
シャドウウィーヴは数奇な運命をたどるニンジャの一人だ。ブラックドラゴン亡き後は、同じシテンノであるパープルタコに身元を預かられ、その後はギルド内で懲罰騎士の名誉位階を得たダークニンジャの一党に加わることとなる。02では、ニンジャソウルの闇に飲まれて以降のシャドウウィーヴについてさらに詳しく紹介しよう。
 
(Tantou)
 
 
広告を非表示にする