読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニンジャスレイヤー公式ファンサイト:ネオサイタマ電脳IRC空間

近未来都市ネオサイタマを舞台としたサイバーパンク・ニンジャアクション小説「ニンジャスレイヤー」の日本語版公式ファンサイト。翻訳チームが運営しています。

スリケン・アンリーシュド:篠原保デザインの美術品めいた美しいスリケン・レプリカ予約開始。そしてスリケンの謎に迫る

このたび、ニンジャスレイヤーにとって欠かせない投擲武器、「スリケン」のレプリカが商品化される事となった。既に予約が開始されているこのアイテムは、実際我々も実物を確認したが、非常に美しい神秘的存在感を放っていた。今回はこの品物について紹介し、同時に、ミステリアスな武器「スリケン」についての知識を深めたい。

◆この質感と存在感は実際美術品◆

f:id:NinjaHeads:20151222151112j:plain

これは特撮、アニメ等様々な有名作品のデザイナーとして知られる「篠原保」氏の手になるデザインだ。篠原氏は特撮シリーズのキャラクター・クリーチャーデザインなどで幅広く活躍しており、ニンジャヘッズでもある。

なんたる緻密な造形か。ブッダエンジェルと髑髏の対比……アノヨとジゴク・ヘルの左右を危うくバランスを取りながら渡るニンジャスレイヤーの歩みが精神的に具現化されたがごとき世界観の精髄が飾り箱の中から出現するや、我々の翻訳アジト全体に震撼が走り、角度を変えたりしながら半日鑑賞を続けるに至った。

 

f:id:NinjaHeads:20151222151722j:plain f:id:NinjaHeads:20151222151734j:plain

(裏面、手とのサイズ比較)

価格は1万4980円(税込)。亜鉛製で、国内の鍛冶工場でハンドメイドされている。

作中においてニンジャスレイヤーの武具を調達しメンテナンスしているのはドウグ社という個人コーポレーションであり、古き良き日本的な職人技をマッポーのネオサイタマにおいても固持し、暗黒メガコーポの残虐なロボニンジャ攻撃に晒されても、決してくじけることがなかった。このスリケン・レプリカによって、あなたの手元にドウグ社の高潔な精神性と「人の手足な」のモットーを現出させる事ができる。当然これは決して投擲してはならず、飾るべきである。あなたはニンジャではないのだ。

この商品はホビージャパン・オンラインショップやコケシマートで求める事ができる。

ebten.jp

重要なポイントだが、こうした立体物は基本的に受注生産が原則だ。予約購入を行うことで確実に入手できるだろう。

 

f:id:NinjaHeads:20151222153125j:plain

=== NINJA FACTS ===

◆スリケン、それはニンジャの投擲武器◆

スリケンはニンジャにとって非常になじみ深い武器だ。それは飛び道具であり、基本的に無尽蔵に投擲することができる。ニンジャとは常に必要量を上回るだけの十分な枚数のスリケンを準備しているものだ。手元にあらかじめ用意されていない場合、速度とカラテが虚空からスリケンを生み出し、ニンジャの手におさまる。

スリケンにはニンジャの近接カラテ打撃ほどの強さは無いが、しかるべき使い手によって投擲されれば、拳銃程度の一般銃火器を遥かに凌駕する殺傷力を発揮する。強いカラテがこもっていれば、命中した部位を吹き飛ばしたり、戦車やツェッペリンの類いの装甲を貫通し、重要機関部を破損させて爆発せしめる事すらも可能なのだ。

カラテ戦闘においてもスリケンの重要性が減じることは決してない。たとえば大振りの攻撃を繰り出したのち、フリップジャンプで間合いを取って仕切り直すのは戦術の基本だ。このとき、間合いを離しながらスリケンを投げておくことで、相手の反撃を阻止し、引き続き有利に戦闘を運ぶことが可能になる。ニンジャのカラテ戦闘は詰将棋にも似る。スリケンは敵を王手に追い込むための重要な布石である。

 

◆印象的なスリケン使用者◆

今回、ニンジャスレイヤーの本編における印象的なスリケン使いを何人かピックアップしてみたい。

  • フロストバイト
    氷スリケンの使用者。背中に背負った冷却機械を用いて氷のスリケンを作って投げる。氷スリケンは時間が経つと溶けてしまうため、狡猾なるフロストバイトはこれで要人を次々と暗殺し、事件を迷宮入させた。氷スリケンはギザギザが多く強力であり、ニンジャスレイヤーを大いに苦しめる。

  • ヒュージシュリケン
    巨大なスリケン「ダイシュリケン」を投擲し、一度に十人の相手の首を刎ねて殺害する恐るべきソウカイ・シックスゲイツのニンジャ。なお、彼の名前は「ヒュージスリケン」ではない。スリケンとシュリケンの表記は原作者の何らかの意図により明確に区別されている。どちらも「手裏剣」を示しているようであるが……。

  • スリケニスト
    最近登場したアマクダリ・セクトのニンジャ。スリケン投擲が得意そうな名前を裏切らず、その戦術の根幹にスリケン投擲を置き、そして強い。「イィーヤヤヤヤヤヤヤヤ!」という特徴的なシャウトと共に最大20枚のスリケンを投擲する。特に目立った活躍をしていないが、そのシャウトに存在感アピール効果があった為か、読者の目に留まった。

  • ディアハンター
    非常な長距離のスナイパー・スリケン投擲を行うアマクダリ・セクトのニンジャ。ICBS(大陸間長距離弾道スリケン)思想を信奉する。

  • ニンジャスレイヤー
    我らがニンジャスレイヤーも、戦いのなかでスリケン投擲技術をタツジンのレベルまで向上させていった。イクサにおけるスリケン使用率も非常に高く、スリケンを用いたヒサツ・ワザ……マグナム弾めいて強力無比なツヨイ・スリケン、四方八方にスリケンを投げつけて多数の敵を一度に仕留めるヘルタツマキ、前転しながらスリケンを投げ続ける禁断のカラテ技スリケンボールなどの危険なスキルを修得している。

いかがだっただろうか。彼らの事が気になる方は、是非ニンジャスレイヤー本編を読み進めて行ってほしい。スリケン、それは奥深い神秘のスローイング・スターである。

 

◆サイバーパンクといえばスリケン◆

スリケン/手裏剣とサイバーパンクは、切っても切り離せない関係を持っている。「ニューロマンサー」においても、手裏剣は非常に重要かつセンチメンタルなアイテムとして用いられた。あなたはモリィがケイスに贈った手裏剣を覚えておいでだろうか。私はあのシーンを思う時、情感が溢れ、少し泣きそうになる。手裏剣には、恐らく近未来世界における人の生き方を規定する無意識のエレメントが象徴されているのだ。

ニューロマンサー (ハヤカワ文庫SF)

ニューロマンサー (ハヤカワ文庫SF)

 

(Tantou)

 

広告を非表示にする