ニンジャスレイヤー公式ファンサイト:ネオサイタマ電脳IRC空間

近未来都市ネオサイタマを舞台としたサイバーパンク・ニンジャアクション小説「ニンジャスレイヤー」の日本語版公式ファンサイト。翻訳チームが運営しています。

登場人物紹介:デスドレイン(01):神話的なニンジャの力を得た下劣な凶悪犯罪者

今回の登場人物紹介はデスドレイン。数多いヴィラン・ニンジャの中でも、強い印象を残す存在だ。

f:id:NinjaHeads:20131024175306j:plain

 

「最高最高最高最高だぜ!」

【デスドレイン】

薄汚く不穏なニンジャネームを持つ彼の本名はゴトー・ボリス。良心の類いをおよそ持ち合わせず、確たる野心も持たず、他人をいたぶって殺す事によろこびを覚える下劣な男である。しかし……。

◆外見的特徴◆

拘束着を思わせるニンジャ装束、拘束具を思わせるメンポ、黒く逆立った髪、病的に白い肌、痩せた身体。歪んだ嘲笑をたたえた黒い瞳。身長は約169センチ。

◆戦闘スタイル◆

ジツ:カラテ比率=9:1程度。タール状の暗黒物質を生み出し自在に操る「アンコクトン・ジツ」を用いる。これは彼の憑依ニンジャソウルであるダイコク・ニンジャだけが唯一習得していた、いわゆる「ユニーク・ジツ」である。

アンコクは死体を原料として生成される奇怪な物質で、彼自身の体内に濃縮されて蓄積されている。デスドレインはこれを手足の指先(爪の間)から染み出させたり、口から吐き出すなどして放出。意のままに操作する。吐き出されたアンコクは周辺の生き物を取り込み、殺して食らい、より強く大きく育つ。

アンコクはしなやかかつ強固であり、とらえた獲物を押し潰したり、引き裂くなどして殺すほか、デスドレイン自身の周囲に盾めいて張り巡らせて攻撃を防いだり、枝分かれさせた末節部を足場として使ったり、切断・破壊された己の肉体を接着剤のように繋いで応急処置のかわりとするなど、さまざまな応用が利く。なお、可燃性である。

デスドレイン本体はカラテに乏しく、打撃などの攻撃手段をとることはほぼ無い。身のこなしそのものは素早く、アンコクトン・ジツを活かしたトリッキーな戦術で、手練れのニンジャ相手にも臆さず立ち回る。

◆オリジン・エピソード◆

デスドレインの出生の詳細ははっきりしない。物語に現れたとき、彼は既に、放火殺人、強盗殺人、無差別大量殺人をはじめとする重大かつ短絡的な複数の罪を短期間のうちに犯して逮捕されていた。彼がニンジャに覚醒したのはキョートの裁判所で死刑判決を受けた瞬間だ。同情の余地のない人間の屑に恐るべきニンジャソウルが憑依すれば、どうなる? そのさまが克明に描かれたエピソードは、物理書籍5巻、「ザイバツ強襲!」内、「シー・ノー・イーヴル・ニンジャ」である。

ニンジャスレイヤー ザイバツ強襲!【ドラマCD付特装版】

ニンジャスレイヤー ザイバツ強襲!【ドラマCD付特装版】

  • 作者: ブラッドレー・ボンド,フィリップ・N・モーゼズ,わらいなく,本兌有,杉ライカ
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/エンターブレイン
  • 発売日: 2013/06/29
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (11件) を見る
 

◆重要エピソード◆

彼は組織に属さないニンジャであるが、その無軌道な歩みはザイバツを主敵とする第二部全体に大きな爪跡を残した。転換点となるエピソードに彼はたびたび現れ、物語に善悪を超えたケオスのベクトルを付与した。それは第二部最終エピソードであるキョート・ヘル・オン・アースにおいてもだ。デスドレインを知ろうとするならば、特定のエピソードに焦点を当てるよりは、第二部を順に読んでいくのが最も近道と言えるだろう。
 
 

=====  NINJA FACTS  =====

◆一筋縄ではゆかぬ殺人鬼◆

「なァ神様、どうすんだ? え? 今度はどうするつもりだ……言ってみろよ、なァ」(「シー・ノー・イーヴル・ニンジャ」)

ニンジャとなって野に放たれた彼は、キョートの闇に紛れ、奔放に殺戮行為を開始。市民ばかりでなく、ニンジャすらもその手にかけてゆく。「自分には神がついている」と嘯く彼は、己が死ぬこと、罰せられる事を考えもしないし、身勝手な行いにブレーキをかける事もない。彼の行いはまさに悪鬼の所業だ。しかも彼は彼なりの歪んだ人間性と繊細な感情を持っている。

彼はニンジャ覚醒以前から、己の中にイマジナリー・フレンドを飼っていた。語り掛ける相手として「神」を作り、常にその存在に話しかけ、「寂しいのは嫌だ」と呟く無軌道殺戮者。それがデスドレインである。

努力も無しに与えられた強大な力を濫用する彼は、鍛錬を重ねた戦士の心を折り、誇りを剥奪して殺すとき、特に強い喜びを覚えているように思える。彼の価値観も行いも、否定されてしかるべきものである。しかし、無謬性を重視し善悪のジャッジが常に為される現代社会において、理不尽な力を行使し、道徳を蹴散らして嘲笑うフィクション世界のヴィラン達の生きざまが、ある種の切実さと後ろめたい解放感をもたらす事もまた確かだ。

大きな行動には必ずそれ相応の反応が返る。彼は闇の世界のニンジャ達によって幾度も反撃を受ける。「ノーカラテ・ノーニンジャ」の洗礼に、ニンジャソウル由来の驚くべき生命力と生来の生き汚さと悪運で立ち向かう彼の破滅的なイクサは、常にカタナの上でバランスを取るような危うさに満ちている。

彼の過剰な殺戮と非道行為が、思いがけず人間の真実を照らす瞬間がある。罪とは、そして罰とはなにか? 彼は何を得、何を失うのか? 何を奪い、何を奪われるのか? この男の曲がりくねった暗い道はどこに繋がっているのだろうか?

◆オーディオドラマ◆

デスドレインは第二部から登場するニンジャであり、第一部を描いたアニメには登場していないが、「聖なるヌンチャク」の特装版に付属するオーディオドラマで、そのヴォイス演技に今すぐ触れることができる。

ニンジャスレイヤー 聖なるヌンチャク 【ドラマCD付特装版】 (キョート殺伐都市)

ニンジャスレイヤー 聖なるヌンチャク 【ドラマCD付特装版】 (キョート殺伐都市)

  • 作者: ブラッドレー・ボンド,フィリップ・N・モーゼズ,わらいなく,本兌有,杉ライカ
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/エンターブレイン
  • 発売日: 2013/12/28
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (7件) を見る
 

◆未来へ◆

デスドレインがその心に毒を落とし、大きな影響を及ぼしたニンジャが何人か存在する。彼らを紹介する時がいずれ訪れるだろう。あるいは、第二部最終段における彼の末路と、それ以降の出来事について、02以降で触れてゆく事になるかもしれない。
 
(Tantou)