ニンジャスレイヤー公式ファンサイト:ネオサイタマ電脳IRC空間

近未来都市ネオサイタマを舞台としたサイバーパンク・ニンジャアクション小説「ニンジャスレイヤー」の日本語版公式ファンサイト。翻訳チームが運営しています。

登場人物紹介:シルバーキー:やるときはやる、精神潜行ニンジャ

 

シルバーキーは特異なジツを操るキョート出身のニンジャであり、ニンジャでありながらニンジャスレイヤーのサイドキック的な役割をしばしば果たす重要な存在だ。

 

f:id:NinjaHeads:20151216111627j:plain

「俺だ!」

◆シルバーキー◆

※ファンアートを募集し、当エントリにて一部、引用掲載を行いました。応募作品の全ては【こちら】で確認可能です。

 

外見的特徴

銀色のニンジャ装束。銀とはいってもハデハデしく輝く描写はなく、鈍色と記述されることもままあるため、いわゆる燻し銀の系統か。外見年齢は二十代半ば、身長は約174センチ。髪色、瞳の色は濃い茶色。ジツの特性上、鼻血を流す描写が多く、メンポは鼻下を完全に覆うタイプではなさそうだ。

 

 

 

 

戦闘スタイル

ジツ:カラテ比率=8:2程度。白兵戦の戦闘能力は低い。しばしば「非ニンジャ並みの身体能力、あるいは全くの非力」と誤解されがちだが、あくまで一般的な訓練されたニンジャのカラテに遅れを取る程度であり、身のこなしそのものはニンジャの範疇である。

シルバーキーは「ユメミル・ジツ」を使用する。これは対象のニューロンに潜り込んで記憶や精神を暴き、場合によってはハッキングめいて乱したり狂わせるジツである。ジツの成功如何は彼自身と対象の精神力の強さ次第。かつ、対象に近いほどにジツの成功率は高まり、直接の接触が最も強力になる。

対象のニューロン世界はその者の記憶をもとに視覚化されている。シルバーキーはその中を探索し、歪みを正し、時には対象本人すら知らぬ無意識下の秘密を汲み出す。

イクサにおける彼はカラテ戦闘で敵ニンジャを圧倒することは到底できず、情けない立ち回りとなってしまう事が多い。しかしそんな中でも常に状況打開の機をうかがいつづける彼の行動が決定打となり、敵を打ち破るきっかけとなる事も非常に多い。決して侮っていいニンジャではないのだ。

 

 

 

 

 

 

ニンジャとしては異質?快活で等身大のパーソナリティ

シルバーキーの本名はカタオキ・シンイチ。キョート出身であり、多層都市ガイオンの地表層、いわゆるアッパーガイオンで、一風変わった鍼灸師として生計を立てていた。鍼灸治療に付随し、精神に潜行するジツを用いたサイコセラピーめいた治療行為をも行っていたのだ。一般的なニンジャソウル憑依者は身体能力の凄まじい強化によって我欲のタガを外し、邪悪な行いに身を堕とすケースが殆どだが、彼はもともとの生業である指圧治療の延長線上に己のジツの活用を見出した為か、ニンジャ化した後もそれ以前と変わらぬ暮らしを(正確には、ジツによる治療が評判を呼んだ事で、相当に暮らし向きは上向いた)送っていた。人懐こく、喜怒哀楽が豊かで、臆病かつ大胆。ニンジャらしからぬパーソナリティの持ち主だ。

 

 

オリジン・エピソード
彼の日常が破壊されたのは、物理書籍第7巻「荒野の三忍」におさめられている「ビヨンド・ザ・フスマ・オブ・サイレンス」

 

ニンジャスレイヤー 荒野の三忍 (キョート殺伐都市 # 3)

ニンジャスレイヤー 荒野の三忍 (キョート殺伐都市 # 3)

  • 作者: ブラッドレー・ボンド,フィリップ・N・モーゼズ,わらいなく,本兌有,杉ライカ
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/エンターブレイン
  • 発売日: 2013/10/31
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (10件) を見る
 

 

キョートの闇を支配する邪悪なニンジャ組織「ザイバツ・シャドーギルド」が彼の能力に目をつけ、身柄の確保に乗り出したのだ。ザイバツのニンジャであるサージョンとパープルタコの二人に拷問を受ける彼のもとに、超自然的な精神感応によって呼び寄せられたニンジャスレイヤーが現れる。この時からシルバーキーの数奇な冒険の幕は上がったのだ。

 

重要エピソード
彼の重要エピソードはそのまま第二部の重大な転換点でもある。「ディフュージョン・アキュミュレイション・リボーン・ディストラクション」において、彼は、第一部の最終決戦、ラオモト・カンとの死闘ののち休眠状態に陥っていたナラク・ニンジャにアクセスを試みる。不可思議な精神存在バーバヤガに導かれ、古代ニンジャの壮絶なイクサを見、その果てにあったものは……。
 
 

=====  NINJA FACTS  =====

ニンジャスレイヤーと行動を共にした初めてのニンジャ
彼の初出は物理書籍第6巻「ゲイシャ危機一髪!」内、「ウェイティング・フォー・マイ・ニンジャ」。

 

ニンジャスレイヤー ゲイシャ危機一髪! (キョート殺伐都市 # 2)

ニンジャスレイヤー ゲイシャ危機一髪! (キョート殺伐都市 # 2)

  • 作者: ブラッドレー・ボンド,フィリップ・N・モーゼズ,わらいなく,本兌有,杉ライカ
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/エンターブレイン
  • 発売日: 2013/08/31
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (14件) を見る
 

 

「ニンジャを殺す者」ニンジャスレイヤーが、ニンジャであるシルバーキーと共にクローンヤクザやザイバツのニンジャを協力して倒していくさまは、それまでの無慈悲で恐ろしいニンジャスレイヤーの殺戮を知る我々からすれば、ある意味、異様であった。
ニンジャスレイヤー=フジキド・ケンジは発狂した無差別ニンジャ殺戮マシーンではない。苦悩と克己と内省を秘めた一個の人間でもある。第一部の時点で既にその点は描写されて来ていたが、シルバーキーとの出会いと、必要に迫られてではあるが彼との共闘の経験は、おそらくフジキドに相応の影響を及ぼしたであろう。
ささやかな善意
シルバーキーはこの物語において驚くほどに「普通の青年」であり、身を焦がすような強烈な動機や復讐心、野望とは無縁である。そんな彼が否応なしに血なまぐさい冒険に巻き込まれた。彼はザイバツによる追跡の手を逃れたその時点で、冒険を降りても良かった。ニンジャソウル憑依による人格への影響も少なく、推進力となるべきバックグラウンドも持たぬ彼がそれをしなかったのは何故か?そこには、ささやかな……だが、彼自身にとっては決して小さくない理由と矜持が存在していた。それは本編を読み進めることでわかるだろう。

 

 

ユメミル・ジツと謎のニンジャソウル
シルバーキーの名は、彼に憑依したニンジャソウルが与えた。「さらば、そしてオハヨ! お前はシルバーキーとでも名乗るがよい」「え?」
 
憑依ニンジャの名は2015年現在に至るまで不明である。ユメミル・ジツはその鍛錬次第で対象の精神を破壊、支配する事すら可能な恐るべき可能性を秘めたジツであり、このニンジャソウルが生前どのような存在であったかは、シ・ニンジャ同様、実際気になるところだ。人間のニューロン内の世界はローカルコトダマ空間とも呼ばれ、視覚化されたイメージの上空には謎めいた黄金の立方体が浮かんでいる。黄金の立方体はハッカーがインターネットに接続しトランスした果てに体験するコトダマ空間においても存在が確認されている。精神とは? 思考とは? ネットワークとは? シルバーキーの冒険はその謎の一端を解き明かす事になるのだろうか?
 
 

◆未来へ◆

シルバーキーは重要なニンジャであり、ニンジャスレイヤーのサーガに長きにわたって登場する。紹介02以降で、引き続きその秘密を追っていこう。
なお、記事執筆にあたって応募された全てのウキヨエは 【こちら】 からチェックできる。シルバーキーのパーソナリティを反映し、デフォルメされたアートも多く集まった。是非ご確認頂きたい。
(Tantou)