読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニンジャスレイヤー公式ファンサイト:ネオサイタマ電脳IRC空間

近未来都市ネオサイタマを舞台としたサイバーパンク・ニンジャアクション小説「ニンジャスレイヤー」の日本語版公式ファンサイト。翻訳チームが運営しています。

ニンジャ名鑑まとめ#1

キャラ紹介

余り知られていない事実ですが、最新のニンジャ名鑑はツイッター上のニンジャスレイヤー公式アカウントの「お気に入り」でチェックできます。
有志の方が纏めてくれたトゥギャッター版もあります(ありがとうございます)。

  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#01 【ニンジャスレイヤー】  ◆殺◆
    • 妻子を殺され、自らも致命傷を負ったサラリマン「ケンジ・フジキド」が正体不明のニンジャソウルを取り込み地獄の淵から蘇生した。人間離れした身体能力と全てのニンジャへの激しい憎悪が、彼の強さの源だ。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#02 【ダークニンジャ】  ◆殺◆
    • 本名フジオ・カタクラ。「ハガネ・ニンジャ」の魂を取り込み、妖刀「ベッピン」を操る恐怖のニンジャ。ラオモト・カンの懐刀として裏社会を暗躍するが、忠誠の奥底に潜む思惑は謎。ニンジャスレイヤーとは宿敵同士として何度も殺しあう。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#03 【ラオモト・カン】  ◆殺◆
    • ソウカイ・シンジケートのドンにして、七つのニンジャ・ソウルを同時に憑依させた悪魔的存在「デモリション・ニンジャ」。平安時代の伝説的剣豪ミヤモト・マサシを崇拝し、彼が使ったとされる双子の刀「ナンバン」「カロウシ」を持つ。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#04 【バンディット】  ◆殺◆
    • ソウカイ・シンジケートの威力部門「シックス・ゲイツ」のニンジャ。ニンジャスレイヤーの最初のエジキとなった。俊足が持ち味だが、ニンジャスレイヤーに対して反撃らしい反撃もできぬままに倒された。あまりの情けなさからマニア人気がある。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#05 【ウォーロック】  ◆殺◆
    • 「シックス・ゲイツ」のニンジャ。新参者だが、ゲニン憑依者としては特異な実力を発揮。瞬く間に組織の重鎮にのし上がる。遠隔操作のネンリキは万能で、自身のドージョーから決して出る事は無い。その姿を知るのはラオモト・カンのみとされる。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#06 【コッカトリス】   ◆殺◆
    • 「シックス・ゲイツ」のニンジャ。ドク・ジュツのエキスパートであり、リー先生のバイオ・サイバネティクス手術の結果、両腕の先が大蛇になっている。もはやその身体改造度は人間とは呼べない段階にある。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#07 【サボター】  ◆殺◆
    • 「シックス・ゲイツ」のニンジャ。イアイドー、アイキドーと並ぶ武道「パンキドー」の熟練者で、ジャンボジェット機の乗客の命を盾にニンジャスレイヤーを苦しめた。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#08 【ジェノサイド】   ◆殺◆
    • 死体にニンジャソウルを憑依させる「INW計画」の検体第3号。憑依したのが伝説の「ゼツメツ・ニンジャ」であった為、自我に目覚めリー先生のラボを破壊、脱走した。ゾンビの体は生きながら腐る。スピンオフの主人公になる程の人気ニンジャ。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#09 【ナンシー・リー】  ◆殺◆
    • フリー・ジャーナリスト。政治スキャンダルの真相を探る過程でソウカイ・シンジケートやニンジャスレイヤーと関わりを持つ事になる。フリー・ジャーナリストとなる以前の彼女の過去には謎が多い。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#10 【ドラゴン・ゲンドーソー】  ◆殺◆
    • 本名ドラゴン・ゲンドーソー。通り名はローシ・ニンジャ。平安時代から続くドラゴンニンジャ・クランの末裔にして、日本最後のリアルニンジャ(鍛練だけでニンジャになった者)。わずか三日間だけ、ニンジャスレイヤーの師となる。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#11 【ダイダロス】  ◆殺◆
    • シックス・ゲイツのニンジャ。ハッキングに長ける。コメカミに増設されたジャックにケーブルをコネクトし、脳神経を直接ネットワークに接続する事が可能。ファイヤーウォールなど、彼の前には障子戸も同然だ。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#12 【インターラプター】  ◆殺◆
    • シックス・ゲイツのニンジャ。暗殺カラテ技「タタミ・ケン」と絶対防御の構え「カラダチ」を修得、その実力はコンクリートを素手で破砕しガトリングガン1ドラムの弾丸に耐えきる程だが、反動として深刻なオハギ中毒を抱えている。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#13 【バロウワイト】  ◆殺◆
    • リー・アラキ先生によって造り出された、ズンビー・ニンジャ非検体2号。肉体の腐敗が速く、骨と腱と目玉しか残っていないため、ニンジャスレイヤーの投げるスリケンも肋骨の間をすり抜けてしまう。灰色の忍装束をまとった姿は、まるで死神。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#14 【デビルフィッシュ】  ◆殺◆
    • ソウカイ・シックスゲイツの一人。オムラ・インダストリ社のラボでサイバネティック改造手術を受け、背中に触手状のメカアームを10本備える。一度に12枚のスリケンを投げられるが、割とそれだけなニンジャ。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#15 【キルチャージ】  ◆殺◆
    • 本名ヤモト・イシイ。スガモ重犯罪刑務所に入れられるはずだったシリアルキラーに、ニンジャソウルが憑依。武器は包丁。どの組織にも属さず、ただネオサイタマの暗い路地裏で通り魔をくり返す。謎の女ニンジャ、ヤモト・コキの肉親?
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#16 【モスキート】   ◆殺◆
    • ザイバツ・シャドーギルド所属ニンジャ。ガスマスクを被り、背中に6本の汚染血液入シリンダーを背負う。右手首動脈付近から生えた針で刺し、敵の血を吸引。モスキートの体液はウィルス汚染されており、微量でも返り血を浴びた敵はカロウシする。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#17 【ヒュージシュリケン】  ◆殺◆
    • ヒュージスリケンとも。ソウカイ・シックスゲイツ所属ニンジャ。背中に背負った直径2m近い強化セラミック製スリケンを、ブーメランのように投擲する。対個人よりも雑魚一掃を得意とし、故にアースクエイクと行動を共にすることが多い。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#18 【アースクエイク】  ◆殺◆
    • ソウカイ・シックスゲイツ所属ニンジャ。身長二m五十の異常巨体。筋骨隆々でその怪力を主な武器とするが、闇雲に暴れるのでは無く、頑強さを活かして司令塔の役割を果たすことが多い。実際かなりの知能派で、しばしば沈思黙考状態に入る。
  • ◆忍◆  ニンジャ名鑑#19 【キャバリアー】   ◆殺◆
    • リー先生によるINW計画被験体第五号。全身をくまなくおおう甲冑にミイラの身体を隠したゾンビ・ニンジャ。二頭立てチョッパーバイクにまたがり、巨大な剣「ツーハンデッド・カタナブレードツルギ」を振り回す殺戮の申し子。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#20 【メンタリスト】  ◆殺◆
    • ザイバツ・シャドーギルドのニンジャ。脳改造でゲン・ジュツ適性を飛躍的に高めている。白兵戦にも秀で、脳波で操るエネルギー・スリケンは攻防一体の性能を備えている。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#21 【ダークドメイン】 】  ◆殺◆
    • ザイバツ・シャドーギルド所属ニンジャ。亜空間を行き来するフェイズシフト能力の持ち主。他次元から引き寄せたアンタイ・ウェポンを使って戦う。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#22 【スパイダー】   ◆殺◆
    • ソウカイ・シンジケートの隠れニンジャ。天守閣への出入りが唯一許されており、その存在をラオモトのみが認知する。ラオモトと対峙したニンジャスレイヤーを天井から奇襲し、一撃で返り討ちにされた。わずか1センテンスの登場であった。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#23 【ディスターブド】  ◆殺◆
    • ヨロシサン製薬の爆発事故を生存したバイオ・ニンジャの一人。ボディを自由に液状化し、どこにでも潜り込む。彼のトイは、柔らかい粘土と元に戻らない時の為の鋳型のセットという野心作だったが、鋳型で元に戻せる訳もなく販売停止となった。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#24 【フォビア】  ◆殺◆
    • ザイバツ・シャドーギルド所属ニンジャの一人。隠密行動に長け、またレーダーに写らないという特殊ステルス体質のため、潜入任務や偵察任務が得意。ニンジャスレイヤーを1ヶ月間に渡って尾行した。トイの外見はバンディットの灰色リペイント。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#25 【フロストバイト】   ◆殺◆
    • ソウカイ・シックスゲイツの一人。氷スリケンを操る割と地味なニンジャ。氷スリケンは数分で溶けるため完全犯罪が可能。ヨロシサン製薬がネオサイタマ市警にバイオコップを売り込もうとした際、強固に反対した要人2名を暗殺したのもこいつ。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#26 【ペスティレンス】   ◆殺◆
    • リー先生によるINW計画被験体、第九号。ヤマイ・ニンジャのニンジャソウルが憑依。病原菌を際限なく撒き散らす体質をリー先生に危険視され、ダークニンジャによって地下80メートルのシェルターに隔離された。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#27 【2COOLリリック】  ◆殺◆
    • スモトリ崩れ反体制ラッパーがニンジャに。「ネオサイタマシティ 2クールリリック バンザイイェー 俺今マサニタチツクス 腐ったこの世まさにマッポー 俺追われてる今byマッポ」。ナラク状態の暴走フジキドに殺される。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#28 【ヘルカイト】  ◆殺◆
    • ソウカイ・シックスゲイツの1人。大型のカイト(凧)に乗って飛来する。サイレン、マキビシ、スリケン、サーチライト、ヤリなど装備多数。凧には「殺伐」「ハリキリ」などインパクトある言葉が毛筆でしたためられ、敵をさらに恐怖させる。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#29 【スーサイド】  ◆殺◆
    • 飛び降り自殺を試みた高校生に「パンク・ニンジャ」のソウルが憑依。心肺停止からの復活を果たす。巨大なアフロヘアーと肩のタトゥーが特徴、ニンジャ装束を着ない。周囲5〜20メートルの範囲の生命エネルギーを自動的に奪う利己的ニンジャ。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#30 【エクスプロシブ】  ◆殺◆
    • オムラ・インダストリ専属ニンジャ。先端技術の粋であるバクチク「スットコ」の供給を優先的に受けている。異様なボムディフェンスニンジャ装束と全身をくまなく覆うバクチク・ベルトはまさに恐怖の象徴。性格は卑劣かつ残忍。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#31 【ブルーブラッド】  ◆殺◆
    • 「フジミ・ニンジャ」のソウルを憑依させ、永遠の命と日光アレルギーを手に入れた吸血ニンジャ。リー先生の直属の護衛として影のように付き従う。リー先生の愛人兼助手であるフブキ・ナハタとは犬猿の仲。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#32 【ストライダー】  ◆殺◆
    • 盲導犬「タロウイチ」にニンジャソウルが憑依。飼い主を無残に殺めたニンジャへの復讐を果たしたのち、ニンジャスレイヤーの友となる。最高速時は亜音速でスプリントする。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#33 【スコルピオン】  ◆殺◆
    • メキシコ重犯罪刑務所を脱走し、海を泳いで日本に不法入国したメキシコ人がソウカイヤのニンジャに。二本のナイフで戦う。テキーラを飲み火を吐くカトン・ジツの使い手。ナチョ・スシに目がない。何かにつけて服役時のエピソードを話したがる。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#34 【アイアンヴァイス】  ◆殺◆
    • ソウカイ・シンジケートのニンジャ。万力のごとき握力と、全身を鋼鉄化させるジュー・ジツ「ムテキ・アティチュード」でニンジャスレイヤーを苦しめた。他のソウカイヤ系ニンジャ全般にも言えることだが、弱者に対しては徹底的に強い。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#35 【チュパカブラ】  ◆殺◆
    • ヨロシサン製薬工場爆発事故で生まれたUMAニンジャ。姿が明確に描写されたことはなく、それが却って得体の知れなさ、恐ろしさに繋がっている。中国地方で内臓を抜かれた水牛が見つかると、ナンシーやフジキドが「チュパカブラ…」と呟く。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#36 【インフェクション】  ◆殺◆
    • ソウカイ・シックスゲイツのニンジャ。自律神経をジャックする大量のパラサイト・ムシを遠隔操作する。メンポとニンジャ装束のため正体は窺い知れぬが、その口調は老人のそれである。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#37 【バスター・テツオ】  ◆殺◆
    • 反企業傭兵部隊イッキ・ウチコワシの謎めいたリーダー。各地のプロレタリアートによるレジスタンス運動を支援し、訓練された傭兵を派遣する。庶民の間で半ば神格化された伝説の英雄であるが、彼の正体を知るのはごく僅かな側近のみである。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#38 【ノトーリアス】  ◆殺◆
    • サヴァイヴァー・ドージョー所属、四本の腕を生やしたバイオ・ニンジャ。倍の腕を活かし一度に二本のイアイ・カタナでイアイ攻撃を行うバイオ・イアイドを編み出した。好戦的で、物事を深く考えることがとにかく苦手。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#39 【フォレスト・サワタリ】  ◆殺◆
    • ヨロシサン製薬のバイオ研究員にグエン・ニンジャのニンジャソウルが憑依。極めて不安定な精神状態にあり、自身を元ベトコンと錯覚している。研究所を脱走しバイオ・ニンジャによるサヴァイヴァー・ドージョーを創設した。竹槍が得意。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#40 【ヴィトリオール】  ◆殺◆
    • ソウカイ・シンジケート所属。右手の小手から硫酸を分泌、それを刃状に固形化して「リキッド・ソード」を作り、防御不可の攻撃を繰り出す暗殺ニンジャ。派手な特殊能力に頼るあまりニンジャ基礎体力の鍛錬が足りなかったか、無残に敗れた。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#41 【アゴニィ】  ◆殺◆
    • 自分自身の足の裏と両手指以外の全箇所にタタミ針をくまなく刺している超被虐・嗜虐嗜好ニンジャ。なおかつ、受けた苦痛をニンジャソウルのエネルギーに変換するやっかいな能力を持ち合わせている。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#42 【モーターヤブ】  ◆殺◆
    • オムラ・インダストリが送り出す、カーボンナノチューブボディ、逆関節をフィーチャーした量産型ロボ・ニンジャ。機関砲やサスマタなど様々な武器を隠し持つ。相手の投降を受け付ける思考ルーチンにバグがあるが、仕様とされる。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#43 【モータードクロ】  ◆殺◆
    • オムラ・インダストリが満を時して送り出す次世代ロボ・ニンジャ。八本の腕と四本の脚で360度の攻撃に対応可能。体内の全武装を展開するゼンメツアクションモードは「ニンジャ根絶」の設計思想を体現する悪魔の殺戮システムである。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#44 【モーターカネダ】  ◆殺◆
    • モータードクロの反省を活かしてオムラが送り出した起死回生のロボ・ニンジャ。それまでのプロジェクトから人員が一新されており、人間とさほど変わらぬ外見を持ったレプリカントタイプが採用されたが、ロールアウトする前に本社が倒産した。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#45 【アキラノ・ハンカバ】  ◆殺◆
    • kabuki禁禁禁禁禁禁禁禁禁禁禁禁禁禁禁禁禁禁禁禁禁禁禁禁禁禁禁禁禁禁
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#46 【ビホルダー】  ◆殺◆
    • ソウカイ・シックスゲイツの一人。半身不随のため車椅子で行動。カナシバリ・ジツを使って敵の動きを止めたり、催眠状態に陥れたりできる。普段はサングラスをかけており、裸眼を直視した敵は死ぬ。交渉能力も高い、指揮官級のニンジャ。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#47 【アーマゲドン】  ◆殺◆
    • 本名ミダレ・セウイチ卿。華族出身。アンチブディズム・ブラックメタルバンド「カナガワ」の元ギタリスト。ニンジャ頭巾からこぼれるほどの長い黒髪と白塗り顔、武器である血に染まったマサカリが特徴。大仏爆破やカンヌシ惨殺を繰り返した。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#48 【ソーサラー】  ◆殺◆
    • ザイバツ・シャドーギルド所属ニンジャ。上半身と下半身を分離させる斬新なブンシン・ジツの使い手。ニンジャコートを羽織った上半身で敵を欺き、背後から下半身で奇襲。切り離した下半身に銃器とカメラを搭載すれば、恐るべき生体戦車にもなる。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#49 【フォーティーナイン】  ◆殺◆
    • 死体にニンジャソウルを憑依させる、リー・アラキ先生のINW計画。彼の最高傑作にして最終作品となったのが、49人目の被検体、フブキ・ナハタ女史であった。奇しくも、49は日本文化において最も不吉とされる獣の数字である。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#50 【ディテクティヴ】  ◆殺◆
    • 簀巻きにされ琵琶湖に沈められた私立探偵ガンドーに、カラス・ニンジャのソウルが憑依。重度のズバリ依存症。第2巻(キョート・リパブリック編)全編に渡って登場し、ナンシー・リー的役割を果たす。暗黒武道「ピストルカラテ」の有段者。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#51 【ヘカトンケイル】  ◆殺◆
    • 三人のニンジャが合体し、強力無比の異能ニンジャとなる。合体時はまさに無敵だが、三分に一度、合体を解かねばならない。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#52 【ガルガンチュア】  ◆殺◆
    • 体長70フィートを超す巨大ニンジャ。江戸時代の古文書にもその破滅的存在の出現を示唆する記述がある。知能の有無は不明、天災的な存在とされる。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#53 【ミニットマン】  ◆殺◆
    • さきの電子戦争経験者で、チーター並みの匍匐前進速度を誇る追跡ニンジャ。イクエイションとのコンビでニンジャスレイヤー暗殺を試みるが返り討ちに遭う。執念によりニンジャスレイヤーとドラゴン=ゲンドーソーの隠れ場所を突き止める。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#54 【ラバーダック】  ◆殺◆
    • ソウカイ・シンジケート所属。港湾の違法取引の護衛にあたる。ホバーホイールを足裏に装着して水上を自在に移動する驚異のニンジャ。戦闘時は火炎瓶をバラ撒き、水上を文字通り火の海に変えてしまう。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#55 【ラプチャー】  ◆殺◆
    • イッキ・ウチコワシの戦闘エージェント。なんらかの念力ニンジャだったようだが、オムラのニンジャ、エクスプロシブに登場直後に爆殺されたため詳細不明。記憶喪失のユカノと婚約していた。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#56 【ロブスター】  ◆殺◆
    • その名の通り、両腕がロブスターのハサミになったヨロシサンのバイオニンジャ。ぞんざいなデザインと安直な名前から読者間の評判が悪く、彼の出現エピソードについてはゴーストライター説もつきまとう。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#57 【ガントレット】  ◆殺◆
    • スナイパー・スリケンのおそるべき使い手。2キロ先の標的を寸分たがわぬエイミングで仕留めてみせる。スナイプ仕様の特殊なニンジャ小手と身を包む不吉なギリー・ニンジャ装束は彼自身が考案したもの。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#58 【マタドール】  ◆殺◆
    • ゲニン憑依者。ソウカイ・シックスゲイツの末端ニンジャ。リアルヤクザが夜な夜な集う地下賭博場「ツクツク」のドウモト。卑劣にもナンシーを人質に取り、ニンジャスレイヤーに対して命をかけたアドバンスド・ショウギ一本勝負を挑んだ。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#59 【スカベンジャー】  ◆殺◆
    • ザイバツ・シャドーギルド所属。ドトン・ジツに長ける奇襲ニンジャ。遺伝子操作を受けており、マツタケを食べると代謝が異常促進され、骨折程度のダメージは無に帰してしまう。ニンジャスレイヤーをマツタケの群生地に誘い込み、襲撃する。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#60 【ヴォルテージ】  ◆殺◆
    • オムラ・インダストリ所属ニンジャ。変電ニンジャ小手を両腕に装着、高圧電流を帯びた電気カラテで攻撃する。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#61 【フリックショット】  ◆殺◆
    • イッキ・ウチコワシの戦闘エージェント。ベアリングボールを親指で弾き攻撃する。その威力は散弾銃に喩えられる。ベアリングボール調達の為にパチンコ・カジノを頻繁に襲撃するため、業界では悪魔のように恐れられている。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#62 【アンサラー】  ◆殺◆
    • イッキ・ウチコワシの重鎮エージェント。かつてドラゴンドージョーに在籍していたとも噂される。彼のチョップは「バーニングハンド」と呼ばれ、バイオバンブーすらもバターのように切断する。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#63 【フォーセイケン】  ◆殺◆
    • 複数のニンジャソウルを一人の人間に憑依させる実験「ヨクバリ計画」の被験体。実験の過程で自我が崩壊、二重ニンジャ人格のモンスターとなり廃棄された。ラオモト・カンの7つのニンジャソウル憑依はこの実験を踏まえて成功へ導かれた。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#64 【ナックラヴィー】  ◆殺◆
    • INW被検体のアンデッド・ニンジャ13号。触れたものに老化と腐敗をもたらし、水源を汚染するハカバ・ハンドの使い手。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#65 【ケジメニンジャ】  ◆殺◆
    • 自我を持ち脱走したクローンヤクザY-13型の1体にニンジャソウルが憑依。ヨロシサン製薬への復讐と無差別ケジメを繰り返した。クローンにニンジャソウルは憑依しないというサイエンスの常識を覆したが、これは極めて特殊なケースである。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#66 【サブジュゲイター】  ◆殺◆
    • 製薬が多大な予算を投じて開発したバイオニンジャ。ヨロシDNAコードを持つバイオニンジャやクローンを強制服従・遠隔操作する特殊ヒュプノ・ジツを操る。カラテの腕前もスゴイ。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#67 【センチピード】  ◆殺◆
    • ソウカイヤのニンジャ。ドトン・ジツと伸縮する爪状武器を操る。オムラのサイバネ改造手術を受けており、苦戦の際は背骨が変形。サイバネティック・ムカデとなる。爪状武器を三倍の長さにまで伸ばしたが、ニンジャスレイヤーには敵わなかった。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#68 【ゴッドハンド】  ◆殺◆
    • リキシリーグ・スモトリのトップランカーすなわちヨコヅナ。バイオ生成されたりチャンコ072を過剰摂取して巨肉と化した他のスモトリとは一線を画する、鋼のように鍛え抜かれた肉体を誇る。「ニンジャのように」強く、その出自には謎が多い。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#69 【シルバーキー】  ◆殺◆
    • レム睡眠状態のターゲットの意識下へ潜入し情報を盗み取る、スゴイ級のスパイニンジャ。ただしマインド潜入は命がけのジツであり、己のニューロンを破壊されるリスクを常に抱えている。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#71 【マスター・トータス】  ◆殺◆
    • シシマイめいた仮面を被った、所属不明の謎のニンジャ。折れたるベッピンをドラゴン・フォレストの焼け跡から回収、ダークニンジャのもとへと届けた。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#72 【マスター・クレイン】  ◆殺◆
    • 所属不明の謎のニンジャ。シシマイめいた仮面を被り、マスター・トータスと目的を同じくして行動する。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#70 【ナインフィンガー】  ◆殺◆
    • ソウカイ・シンジケート所属。右手を完全カスタムオーダー精密サイバネティック義手化したニンジャ。この義手で機械装置をハッキングし、ロックを解除するなど自由に操作する。ダークニンジャに瞬殺されたため戦闘能力のほどは不明。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#73 【オブリヴィオン】  ◆殺◆
    • ソウカイ・シンジケートのニンジャ。両手をサイバネ改造し、ディスインテグレイト・ツカミ・ジツを身につけた。掴んだ相手を電磁超振動によって粉々に分解する恐るべきジツであったが、ダークニンジャのカラテには歯が立たなかった。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#74 【アラクニッド】  ◆殺◆
    • 元ザイバツ・シャドーギルド所属。元ニンジャ神話研究家。マルノウチ抗争の四十九日前から、花札タロット占いでニンジャスレイヤーの誕生を予言していたとされる。組織からの脱走を図ったため、ホウリュウ・テンプルの地下座敷牢に幽閉された。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#75 【ハンマーヘッド】  ◆殺◆
    • 頭部に金属塊を移植するという狂気のサイバネ手術を行ったニンジャ。T字の頭部シルエットは異様。側転の勢いを利用して遠心力を載せた頭突きを見舞う危険なカラテでニンジャスレイヤーに襲いかかる。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#76 【サラマンダー】  ◆殺◆
    • ザイバツ・シャドーギルドのニンジャ。キョート地下格闘トーナメント「シャドー・コン」を主催し、自らもスゴイ級のジュー・ジツの使い手として恐れられている。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#77 【クイックシルヴァー】  ◆殺◆
    • ソウカイ・シックスゲイツのニンジャ。想像を絶するしゃがみ前進速度で、ニンジャスレイヤーの投げるスリケンを回避しながらカラテ攻撃をくり出してきた。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#78 【バーバヤガ】  ◆殺◆
    • ボロキレを幾重にも被った性別不詳の老人で、ドリームランド埋め立て地の最下層スラムに居を構える。ニンジャを自称、マジナイを持って現れ、ニンジャスレイヤーに不吉な啓示を与える。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#79 【キングピン】  ◆殺◆
    • 悪徳マッポにニンジャソウルが憑依。その悪行にますます歯止めがかからなくなった。武器は電気ジュッテ、チョウチン、メリケンサック。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#80 【インクィジター】  ◆殺◆
    • ソクシンブツ化したアンデッド・ニンジャ。リー先生の研究とは無関係。己の意思力で平安時代からネオサイタマに至るまで生き続けるが半ば発狂しており、エンシェント・ニンジャ戦争の秘密の深淵に近づく者を無差別にサイコ攻撃する。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#81 【ソーマタージ】  ◆殺◆
    • イッキ・ウチコワシの戦闘エージェント。元ネブタパレードサーカス団の花形ジャグラー。変幻自在の軌道を描くディスク・スリケンをメイン武器とする。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#82 【イグナイト】  ◆殺◆
    • ザイバツ・ニンジャ。数少ない女性のニンジャ憑依者。生来のパイロキネシス(発火ネンリキ)能力を制御できず不幸のどん底にあったが、ニンジャソウルの力で自分の能力をコントロール下に置くと、性格すらも豹変。残忍な破壊者となった。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#83 【ガーゴイル】  ◆殺◆
    • ソウカイ・シックス・ゲイツのニンジャ。カメレオン式ステルスニンジャ装束を駆使する隠密ニンジャであったが、ヘルカイトとの連携がうまくゆかず、ニンジャスレイヤーに倒された。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#84 【ワイアード】  ◆殺◆
    • 身体の三分の一をサイバネ改造し、特殊ニンジャ装束の力を借りて、磁力を操るマグネ=ジツを身につけた。スリケンを受け付けず、マグネ・パンチ、マグネ・スリケン、マグネ・アーマー等、その攻撃手段は多彩かつ危険。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#85 【テンカウント】  ◆殺◆
    • ボクシング由来の戦闘術「ボックス・カラテ」のタツジン。自在なフットワークと手数の多さで、常に接近戦の主導権を握る。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#86 【ビーハイヴ】  ◆殺◆
    • 背負ったガトリング・ガンでアイサツ・オジギ姿勢から発砲、相手の礼儀作法につけこんだ不意打ちを行う卑劣ニンジャ。ニンジャスレイヤーの身体能力には初見殺しの攻撃が十分に通じず、無惨な最後を遂げる事となった。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#87 【アルバトロス】  ◆殺◆
    • 特殊ニンジャ足袋と空力ニンジャ頭巾を装着、非凡な跳躍力で天空から降下するヤリ攻撃を行う。回避と攻撃が一体となった戦闘スタイルであるが、十分に実力を発揮できる地形は限られる。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#88 【バジリスク】  ◆殺◆
    • フドウカナシバリ・ジツとドク・ジツのマスタリー、赤いイビルアイと蛇めいた柔軟性を持つ悪夢的ニンジャ。シックスゲイツのリストに彼の名は無い。ウォーロックと組み、ソウカイ・シンジケート簒奪を企む。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#89 【アルマジロ】  ◆殺◆
    • 元スモトリのソウカイ・ニンジャ。体を球状に丸め、転がって攻撃、犠牲者を圧殺する。ボディ背面はサイバネ改造されており一切の攻撃を受け付けない。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#90 【スケアクロウ】  ◆殺◆
    • 暗殺タケウマを自在に乗りこなし、常に高所をキープ、Y軸上のアドバンテージを取りつつ戦うソウカイ・ニンジャ。パイクマンとの合体連携攻撃を必勝パターンとする。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#91 【パイクマン】  ◆殺◆
    • 両手にタケヤリを持ち、常に有利なリーチを確保しつつ戦うソウカイ・ニンジャ。スケアクロウの肩に乗って連携攻撃に持ち込むと、もはや手のつけられないXY軸上アドバンテージを得る。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#92 【サヴェージ】  ◆殺◆
    • 毛皮ニンジャ装束に身を包む野蛮なニンジャ。狂犬病をもとに作成された強化薬を自らに注射し、獣じみた戦闘能力と敏捷性、凶暴さを手にする。武器は自分の爪と牙。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#93 【サースティ】  ◆殺◆
    • カレハ・ニンジャのニンジャソウルをその身に宿すINWズンビーニンジャ被験体。犠牲者の体液を蒸発させ、枯らして殺す。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#94 【ジャッジメント】  ◆殺◆
    • 編笠型の暗殺武器「トバシ・ケン」を操るフリーランスの殺し屋ニンジャ。トバシ・ケンの謎のギミックの餌食となった者は皆、無残に首を切断された死体となるという。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#95 【ヤクザ天狗】  ◆殺◆
    • 非ニンジャ。ニンジャスレイヤー誕生前からソウカイヤと孤独な闘いを続けていたとされるニンジャハンター。黒のヤクザスーツに天狗面、背負い式小型ジェット、オートマチック拳銃という出で立ちで現れる。短編集にスピンオフ作品が収録された。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#96 【アコライト】  ◆殺◆
    • キョート・リパブリックのバトルテンプル「ボンジャン・テンプル」のボンズ。ニンジャとなりマスターボンズを殺して逃走したイヴォーカーを追う旅の中で自らもニンジャ憑依者となってしまい、苦悩する。武器は鉄の小手。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#97 【イヴォーカー】  ◆殺◆
    • キョート・リパブリックのバトルテンプル「ボンジャン・テンプル」のボンズであったが、マスターボンズを殺害し逃走。ニンジャ憑依者となり、その後も破壊と暴力の限りを尽くす。武器は鉄製6フィート・ロッド。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#98 【ガンスリンガー】  ◆殺◆
    • ザイバツ・シャドーギルド所属。怪盗スズキ・キヨシに、テッポウ・ニンジャクランのニンジャソウルが憑依した。自慢の早撃ちで私立探偵ガンドーのピストルカラテを破り、彼を琵琶湖に沈める。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#99 【ナラク・ニンジャ】  ◆殺◆
    • ニンジャスレイヤー=フジキドに宿る謎のニンジャソウル。この世の全ニンジャを殺す事が目的らしい。ニンジャソウル状態でなお自我を保つ存在はわずか数例、神話級ニンジャに限られるが、ドラゴン=センセイにもその正体はつかめなかった。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#100 【カツ・ワンソー】   ◆殺◆
    • 最古のニンジャ。チャドーの祖。その名は古事記の中でも秘密めかして語られている。ニンジャ神話によるとデウカリオンの大洪水と同時期に生まれたとも。アメリカ大陸が未開の地であった頃、日本には既に奥ゆかしい平安文明が存在していた。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#101 【レベナント】  ◆殺◆
    • リー先生が作り出したゾンビーニンジャ被検体1号。容姿はニンジャ装束をまとった死体そのもの。ゾンビーエキスの影響か、目が紫色に輝いている。死体であるがゆえの利点を最大限に引き出すネクロカラテで、ニンジャスレイヤーを苦しめた。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#102 【エンキドゥ】  ◆殺◆
    • ハッカー傭兵クラン「ゴールデンドーン」を束ねる黒人ハッカーヤクザ。ニンジャでもある。伝説のハッカー、ウーンガン・タナカはニンジャソウル「タナカ・ニンジャ」を宿しており、自身はそれを引き継いだ存在だ、とうそぶく。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#103 【レオパルド】  ◆殺◆
    • ソウカイヤの末端ニンジャ。ニンジャソウルの憑依から日が浅く、甘さが目立つ。常人離れした脚力と両手に装備したクロー以外に、これといった特徴は無い。トイの外見は、バンディットを素体にクローを足しただけという挑発的な内容であった。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#104 【スコーチャー】  ◆殺◆
    • 両腕を火炎放射器にサイバネ改造したオムラ出身のテクノ・ニンジャ。ひとくちにカトン・ジツといっても、ニンジャによって実に様々、千差万別のタイプが存在するのだ。彼の火炎放射器は最新試作機でありナパーム弾すら射出する。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#105 【グリーンアサシン】  ◆殺◆
    • オムラの研究所を強襲、二十人の研究者を皆殺しにして、試作兵器「キバチ・ガン」を強奪した悪逆非道ニンジャ。キバチ・ガンの謎の緑のチャージプラズマ弾で撃たれた敵は緑色の血煙になって爆発四散する。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#106 【ブラックへイズ】  ◆殺◆
    • 変幻自在のヘイズ・ネット・トラップと葉巻爆弾で敵を追い詰める凄腕の傭兵ニンジャで、リー先生やソウカイヤなどが主要クライアント。カラテの腕もスゴイが、己の安全第一をモットーに契約以上の働きを拒否するリアリストである。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#107 【ケイビイン】  ◆殺◆
    • オダ・ニンジャを憑依させたサイコ戦闘者で、ザイバツ・シャドーギルドの幹部的地位にある。ネンリキで複数のカタナを遠隔操作するアスラ・カラテは攻防自在。名前の原語表記はKEIBIIN。日本語の「警備員」に由来する名付けと思われる。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#108 【アガメムノン】  ◆殺◆
    • 知事の私設秘書シバタの裏の顔は、ゼウス・ニンジャを憑依させた悪のニンジャ、アガメムノンである。人間を虫ケラとしか見ていない彼は指先から稲妻を放つ他、デン・スリケン、デン・ヤリ、エネルギードレイン等のユニーク・ジツを操る。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#109 【ヤモト・コキ】  ◆殺◆
    • シ・ニンジャに憑依されたオリガミ部の女子高生。武器はバタフライナイフとオリガミ・スリケン。作中で「華奢で細い手脚、平坦な胸」と明記され、これは豊満志向の強いモーゼス&ボンドの女性デザインとしては異質である。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#110 【デスナイト】  ◆殺◆
    • 死んだ恋人のニューロンを移植したバイオイーグルを精神感応で自在に操るザイバツ・ニンジャ。戦闘はイーグル任せではなく、自らもスリケンボウガンで攻撃。コンビネーション攻撃でニンジャスレイヤーを苦しめる。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#111 【ディスエイブラー】  ◆殺◆
    • ソウカイ・シンジケートの残党組織、アマクダリ・セクト所属のニンジャ。アースクエイクにも匹敵する巨漢で、両腕に巻いた長い鎖とその先端に備わったカマが武器。イタミニンジャ・クランのニンジャソウルを憑依させており、極めて残虐。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#112 【セントリー】  ◆殺◆
    • ソウカイ・シンジケートのレッサーニンジャと思われる。ゾンビーニンジャ第一号を造る際に、ニンジャソウル抽出のための材料として使い捨てられた。セリフは「ヤメロー!ヤメロー!」しかなく、バンディット級の情けなさで隠れファンが多い。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#113 【レイザーエッジ】  ◆殺◆
    • ソウカイヤのニンジャ。全身の至る所に展開式のセラミックカタナを仕込んでいる。最も強力なのは腰の左右に展開されるカタナであり、ローマ式戦車の鎌の如く、一列に並んだクローンヤクザ20人を真っ二つに切断しながら走り抜けられる。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#114 【ソニックブーム】  ◆殺◆
    • ソウカイ・シックスゲイツのニンジャで、元ヤクザ・バウンサー。ソニックカラテやジェットカラテの訓練を積んでおり、格闘能力は高い。気が短く凶暴であるが、同時に、冷静な判断力をあわせ持つ。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#115 【ハンニバル】  ◆殺◆
    • マンモス・ニンジャの憑依者。シャーマン戦車に匹敵する装甲力のマンモス・アーマーと長大で危険なマンモス・タスク(牙)を得たが、その醜い姿をむしろ嫌悪し、常に厭世感にさいなまれている。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#116 【インペイルメント】  ◆殺◆
    • 10フィート長の魔剣「ザオ・ケン」を武器とするザイバツ・ニンジャ。絶大なリーチを活かした突進攻撃・振り回し攻撃は脅威以外のなにものでもない。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#117 【ウォーターボード】  ◆殺◆
    • 特殊カーボンナノチューブ製のウェットニンジャ装束とオキシジェン・メンポを装備し、水中に誘い込んだ敵をアクアカラテで一方的に攻撃する卑劣なニンジャ。フーリンカザンの教えの極致の実践者である。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#118 【ロード・オブ・ザイバツ】  ◆殺◆
    • 狡猾なるザイバツ・シャドーギルドの首領。現代のショーグン・オーヴァーロードを自認する。登場時は常に椅子に座り、顔は絹製のノレンに隠され、配下の目からも手首から先しか見えないため、最終決戦直前まで正体不明であった。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#119 【ワッチドッグ】  ◆殺◆
    • ザイバツ・シャドーギルド所属。ショーグン・オーヴァーロードの護衛ニンジャ。肘から先および膝から先が無く、長い四角錘状の刃物に置換されており、四脚歩行で音もなく敵に忍び寄る。キョート城の中を常に徘徊し、侵入者を排除。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#120 【モービッド】  ◆殺◆
    • シックスゲイツのアンデッド・ニンジャ。死後まもない脳と脊椎をバイオボディと接続する事に成功した極めて特殊なケースで、ニンジャソウルの移し替えも無く、生前の記憶がある程度保たれている。ニンジャスレイヤーに邪悪な精神攻撃をかける。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#121 【プロミネンス】  ◆殺◆
    • 発熱機構を指先にサイバネ移植したソウカイ・ニンジャ。敵の身体を内側から熱で破壊する残虐なジツの持ち主だが、ニンジャスレイヤーとの戦いにおいてあまり良いはたらきはなかった。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#122 【『ラオモトの声』】  ◆殺◆
    • かつてはベンチャー企業の希望あふれる若きCEOであったが、ラオモトと接触したことで堕落し、太鼓持ちのソウカイ・ニンジャに成り下がった。名前を知るものは組織内にも誰もいない。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#123 【デスドレイン】  ◆殺◆
    • コールタール状の黒い質量エネルギーを生み出し操る強力なユニーク・ジツ「アンコクトン・ジツ」の使い手。元は乱射放火殺人犯で、死刑判決を受けた瞬間にニンジャソウルが憑依。法廷に出席した人間全てをその場で皆殺しにして逃走した。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#124 【ランペイジ】  ◆殺◆
    • サイバネ改造した巨大なブルドーザーめいた鋼の両腕で何もかも破壊する凶暴なニンジャ。デスドレインの相棒。かつては実直な労働者であったが、企業支配に押し潰されて破滅。絶望を胸に反社会的な破壊者となる。市庁舎や会社ビルを丸ごと壊す。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#125 【ネザークイーン】  ◆殺◆
    • 7フィートの長身をダークラメニンジャ装束に包み、女めいて話すニチョーム・ストリートの「女王」。陽気で義に厚く、マイノリティ迫害者には容赦しない。ニンジャスレイヤーに一目惚れするが、叶わぬ恋である事を自覚している。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#126 【イクエイション】  ◆殺◆
    • 電子戦争時代からミニットマンとコンビ関係にあったソウカイ・ニンジャ。変身能力を活かしてニンジャスレイヤーを待ち伏せしたが、返り討ちに遭い、真っ二つの壮絶な死を遂げた。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#127 【クルセイダー】  ◆殺◆
    • 黒ニンジャ装束に十字軍風のバケツヘルメットを被った異様なニンジャ。アマクダリ・セクトに雇われ、強制労働的地下ショーユ工場『ソイ・ディヴィジョン』を支配していた。サイバー馬に乗って戦う
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#128 【ゲイトキーパー】  ◆殺◆
    • シックスゲイツの創設者。ソウカイヤの勢力拡大は彼無しでは為されなかったであろう。ラオモトに心酔し、彼こそが帝王の器とうそぶく。鋼鉄のトンファーをニンジャソウルでエンハンスする攻守自在のカラテはソウカイヤ最強クラス。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#129 【パラゴン】  ◆殺◆
    • ロード・オブ・ザイバツの腹心の配下。ニンジャ学、古事記歴史学、カラテ学に深く通じ、百科事典めいた万全の解説で、主君の戦闘観戦をサポートする。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#130 【ガンダルヴァ】  ◆殺◆
    • 異常性欲の持ち主。刑務所を出所後に地下カルト教団の教祖となり、洗脳に長ける己のニンジャソウルを活用して自分の為のマッポー・オイラン・パレスを作り上げた。ニンジャスレイヤーの手にかかり、下劣な品性にふさわしく惨い最期を遂げる。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#131 【ケンワ・タイ】  ◆殺◆
    • ネオサイタマに散在する弱小インディペンデント寺院のボンズ。キヨミ・ニンジャが憑依、癒しの力を手に入れた。汚染に苦しむ下層民の病気を直し続けるが、慈善行為には彼自身も予想だにせぬ恐るべき結末が待ち構えていた。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#132 【ホワイトドラゴン】  ◆殺◆
    • トゥララ・ニンジャの憑依者でアガメムノンの配下。冷気・氷の操り手で、その気になればネオサイタマをまるごと氷河期に突入させられるほどの破滅的カラテを秘めているらしい。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#133 【トライジン】  ◆殺◆
    • イッキ・ウチコワシに所属、無骨な巨大ハンマー「コヅチ」を得物とする肉体派ニンジャ。名前の由来は「渡来人」と思われる。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#134 【フェイタル】  ◆殺◆
    • ザイバツ・シャドーギルド所属の女性ニンジャ。絶世の美女であるが、戦闘時は、彼女の残虐な内面を反映したかのようなオニめいた醜怪な姿に変身する。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#135 【ディアハンター】  ◆殺◆
    • ソウカイ・ニンジャ、ガントレットが秘密裏に創設していたスリケンスナイパー訓練所「シャーテキ」の元・主席訓練生。ソウカイ・シンジケートの消滅にともない闇に身を潜めていた。その実力は師をも凌駕する。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#136 【ピーカブー】  ◆殺◆
    • ピエロハンニャ・マスクを被って何の前触れもなく現れる、おそるべきシリアルキラー・ニンジャ。その中年体型からは想像もできないほど危険な足技を使う。いかなる組織にも属さず、路地裏のポリバケツの中やタタミの下などから突如出現する。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#137 【アンバサダー】  ◆殺◆
    • ポータル・ジツに精通するニンジャ。双子の兄弟ディプロマットとポータルを繋ぎ次元転移を行う。転移者の三割弱は肉体の再現が不完全になったり石の中に実体化して死ぬので、ロード・オブ・ザイバツは基本的に下級ニンジャしか転移させない。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#138 【ディプロマット】  ◆殺◆
    • 双子の兄弟アンバサダーとポータルを繋ぐ次元転移ニンジャ。この双子はキョート城への単独での入城は許可されていない。ポータル・ジツは、転送行為そのものの危険性に加え、ポータル開通の準備の手間、難解な儀式など、扱いが難しい。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#139 【ソーンヴァイン】  ◆殺◆
    • ソウカイ・シンジケート崩壊のわずか一日前にトレーニングを終えていた不幸なニュービー・ソウカイ・ニンジャ。ザイバツ・ニンジャに虐殺された。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#140 【バンシー】  ◆殺◆
    • ザイバツ・ニンジャ。両手の甲に有害音波スピーカーをサイバネ移植しており、戦闘中は有害周波数を鳴らしながら一方的なカラテで相手を苦しめる。ちなみに男。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#141 【サーベラス】  ◆殺◆
    • ザイバツ・シャドーギルドのニンジャ。可燃液体を吐き出すメンポによるカトン・ジツで攻撃する。ギルド内の位階を上げるべく危険を顧みずにポータルを通ってネオサイタマへ侵攻するが、たまたま居合わせたジェノサイドに首を引きちぎられて死ぬ。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#142 【シルバーカラス】  ◆殺◆
    • 対人兵器を貧民に対して使い人体実験する非道行為「サイバーツジギリ」のプロ。企業がテストを依頼するどんな武器でも扱うが、自身が信頼を置きここぞというときに用いる武器は、何の変哲もないカタナ「ウバステ」である。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#143 【マンティコア】  ◆殺◆
    • コッカトリス同様にリー先生のバイオサイバネティクス手術を受けたニンジャ。恐竜めいた無骨な下顎を持ち、脊椎に増設されたバイオサソリ尻尾アタッチメントを自在に操り攻撃する。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#144 【バイコーン】  ◆殺◆
    • 二本の垂直角を生やしたメンポを持つニンジャ。二本の垂直角はカラテ頭突き突進に使える他、電極となり高圧電流を流したり、首のソケットに機器を接続してアンテナがわりにすることも可能。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#145 【ボーツカイ】  ◆殺◆
    • ザイバツ・ニンジャ。三節棍を武器とする。三節棍の両端は仕込み銃になっており、難敵に対してはこれを使い不意を打つ。名前は日本語の「棒使い」からか。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#146 【アブサーディティ】  ◆殺◆
    • 元イッキ・ウチコワシのエージェント。革命理念に絶望、ニヒリストとなりザイバツ入りした。ザイバツのネオサイタマ進出時に用いられた球形爆弾は彼の開発。危険物の製造に精通するが戦闘はあくまでカラテで、爆弾を使うわけではない。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#147 【クロームドルフィン】  ◆殺◆
    • アマクダリ・セクト所属のニンジャ。オムラ・インダストリ社製の試作戦闘用スカイバイク「イルカクロイ」を自由自在に駆るスピードフリーク。銀色のニンジャ装束に、飛行軌道シミュレーション機能を備えたサイバーフルフェイスを着用。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#148 【ザ・ヴァーティゴ】  ◆殺◆
    • 神話級ニンジャ「エメツ・ニンジャ」をその身に宿した事で精神が崩壊。物理的にも不安定な存在となった。キンカク・テンプルの謎を知るが、完全に発狂しており役に立たない。マサカリ「テツノオノ」と戦車から捥いだ機関砲を抱えて戦う。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#149 【アーセナル】  ◆殺◆
    • サイバネ改造した両腕に機関砲4門ずつを隠し持つ銃撃ソウカイニンジャ。ラオモト・カン死亡直後のソウカイヤ総攻撃を生き延びたが、残党を再組織するような機微は無く、さほど日を経ずしてザイバツ・ニンジャのデスナイトに排除された。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#150 【ワールウインド】  ◆殺◆
    • 巨大な円形ファン二門を背負うザイバツ・ニンジャ。強力な風を起こして敵の動きを封じる。風圧攻撃は暴動鎮圧に長ける他、有毒ガスを風で吹きつける極めて悪虐な攻撃手段にもなる
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#151 【ワイルドハント】  ◆殺◆
    • ザイバツ・ニンジャ。大小様々なコマを射出・回転させ、周囲に展開。小型スリケンをオート射出するコマ、それ自体が爆弾となり敵に体当たりを試みるコマ、彼自身が上に乗って高速移動するコマなどがあり、使い分ける。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#152 【スローハンド】  ◆殺◆
    • ザイバツの幹部級ニンジャ。イダテン・ニンジャの憑依者で、戦闘においてはユニーク・ジツ「ヘイスト・ジツ」により異常加速。そのスピードそれ自体が凶器となる。ジツの副作用で実年齢の1.5倍の速度で老化している。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#153 【ベロシティ】  ◆殺◆
    • ザイバツの下級ニンジャ。ネオサイタマに駐屯していた。かなり速い速度でスリケンを投げる事ができる。彼のスリケンは実際速いが、ニンジャスレイヤーに対しては何も有効打が打てなかった。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#154 【サージョン】  ◆殺◆
    • キョートの外科医だったが、ニンジャソウル憑依後にザイバツ入りした。非凡なニンジャ器用さと、人間を肉体としか見なさない冷酷さで暗躍。シルバーキーに強制的にサイバネ手術を行い、IRC発信機をインプラントした。武器は電気メス。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#155 【ライノセラス】  ◆殺◆
    • バイオ・サイバネティクスで身体を強化したザイバツ・ニンジャ。硬質化した外皮とツノが武器。己の装甲を過信したがためにニンジャスレイヤーのダーカイ掌打の餌食となり、内臓を破壊されて敗北した。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#156 【アロンダイト】  ◆殺◆
    • 身体硬質化ジツ「ムテキ・アティチュード」を極め、体の両側面に仕込んだ刃を活用して、身体を一本の剣に変形させる技を身につけたザイバツ・ニンジャ。彼をそのまま武器として振り回すレッドゴリラとのコンビネーション戦闘は実際脅威。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#157 【レッドゴリラ】  ◆殺◆
    • ザイバツ・シャドーギルドの四戦士「ザイバツ・シテンノ」の一人。鍛え上げた巨躯を武器とする。残忍かつ粗暴であり、何事も暴力で解決するのが一番スムーズに行くと考えている。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#158 【ブラックドラゴン】  ◆殺◆
    • ザイバツ・シャドーギルドの四戦士「ザイバツ・シテンノ」の一人。基礎的なカラテ能力の高さでは、シテンノ随一。白目の無い瞳、メンポに隠された爬虫類じみた口など、そのおぞましい見た目に反して、ニュービーの教育には熱心であった。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#159 【シャドウウィーヴ】  ◆殺◆
    • ブラックドラゴンとともに行動していた、支援系のニュービー・ニンジャ。投擲したクナイ・ダートを敵の影に命中させて動けなくする、特殊なカナシバリ・ジツの使い手。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#160 【バイセクター】  ◆殺◆
    • アマクダリ・セクト所属の残忍なるニンジャ。背中に背負ったギロチン・チャブをブーメランのように投擲したり、車輪のように猛スピードで転がしたりして攻撃する。ガレージ・トイの外見は、武器部分を除きヒュージシュリケンに酷似。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#161 【ベルゼブブ】  ◆殺◆
    • 体内に大量のバイオ蠅を飼う恐るべきニンジャ。バイオ蠅はピラニアのように凶暴で、人間を容赦なく攻撃する。そのジツの特性ゆえに特定のエリアを無差別攻撃するようなシチュエーションを得意とする。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#162 【ニーズヘグ】  ◆殺◆
    • ザイバツの幹部級ニンジャ。奇怪に変形するカタナ「ヘビ・ケン」を用いる暗黒カラテの伝承者であり、かつてはバジリスクとコンビを組み、ザイバツ内で双頭蛇(フタツアタマヘビ)の異名で畏怖されていた。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#163 【ジャイアントマンティス】  ◆殺◆
    • ザイバツの下級ニンジャ。手甲に装着したカマ状武器で敵の首を一撃で刎ねるカラテが自慢だが、デスドレインにその恐ろしさを見せつける機会を与えられぬまま、無残に焼き殺された。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#164 【ジェイドソード】  ◆殺◆
    • ザイバツのアプレンティス・ニンジャ。剣を投げるのが上手い。ジャイアントマンティスとともにデスドレインをスカウトする任務に臨むが、奇襲攻撃が通じず、無残に焼き殺された。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#165 【イグゾーション】  ◆殺◆
    • ザイバツの幹部級(グランドマスター)ニンジャ。人体の生命力を異常活性化、オーバーロードさせる「バリキ・ジツ」の使い手。オーバーロードした人間は全カロリーを数秒間で消費、その際の何らかの熱エネルギー反応により爆発して死ぬ。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#166 【セントール】  ◆殺◆
    • ヨロシサン製薬のバイオ鹿工場爆発事故によって生み出されたバイオニンジャ。サバイバー・ドージョーとの間に本能的シンパシーを感じ、これに加わる。角や割れ蹄の四本脚などその容姿は悪魔じみているが、鹿の本能が残り、センベイに目がない。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#167 【レネゲイド】  ◆殺◆
    • アマクダリ・セクトのニンジャ。ソウカイヤが滅びたのちザイバツに身を寄せていたが、残党組織がアマクダリ・セクトを旗揚げすると再び出奔、アマクダリ入りした。レネゲイド(変節漢)の名は自虐的ユーモアであり、以前は別の名を持っていた。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#168 【スペクター】  ◆殺◆
    • リー先生によって生み出されたアンデッド・ニンジャ。ユーレイじみた灰色のニンジャローブをまとい、ネガティヴ・カラテの力により空中30センチ付近の場所を浮遊。その手に触れられたニンジャは、カラテ段位を永遠に何段階か失ってしまう。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#169 【フューネラル】  ◆殺◆
    • アマクダリ・セクトのニンジャ。メンポや頭巾を身につけず、顔には白黒の入れ墨で奇怪なドクロが描かれている。バロン・ニンジャを憑依させた危険なニンジャで、宝石つきステッキとマント、シルクハットというジゴクめいた出で立ちで現れる。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#170 【パーガトリー】  ◆殺◆
    • グランドマスター位階に属するザイバツ・ニンジャ。暗黒カラテミサイルの使い手であり、中腰ため状態から正拳突きを繰り出すことによって、背中からにぎりこぶし大の暗黒カラテ粒子エネルギー球を生み出し、数十メートル離れた敵を攻撃する。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#171 【パラベラム】  ◆殺◆
    • サイバネ改造した肘関節を火薬で稼働し高速の連打パンチを叩き込むマスター位階のニンジャ。イグゾーション直々の教えを受け、短い期間で功績を重ねていった出世頭であったが、ロードの不興を買い、ダークニンジャに粛清された。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#172 【トゥールビヨン】  ◆殺◆
    • ザイバツ・シャドーギルドのマスターニンジャ。ニンジャ選民思想、ニンジャエリート思想、ニンジャ英雄主義に凝り固まった若いニンジャで、ダークニンジャに心酔。エスケープメント・ジツのタツジンであり若年ながら相当の使い手である。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#173 【サイファー】  ◆殺◆
    • ダークカラテエンパイアのニンジャ。オキナワ海底都市に仮死状態で幽閉されていたのをサルベージされた。グレートオールドカラテの使い手で、敵の体を内側から破壊する。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#174 【インヴィンシブル】  ◆殺◆
    • ダークカラテエンパイアのニンジャ。ニンジャ感覚を強化するため自らの手で視力を捨てた。一切の攻撃を受け付けないとされるムテキ・アティチュードを維持しながら戦闘する事ができる、危険極まりない存在。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#175 【コールドストレージ】  ◆殺◆
    • コリ・ニンジャクランのニンジャを宿すサイコニンジャで、掴んだ相手を凍らせて殺す暗殺カラテの使い手。余談ながらコリ・ニンジャクランのアーチニンジャはトゥララ・ニンジャであり、その憑依者はホワイトドラゴンである。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#176 【フージ・クゥーチ】  ◆殺◆
    • アマクダリ・セクト所属、強力な呪殺ニンジャ。身に宿すニンジャソウルには邪悪な秘密が隠されている。アマクダリの支配者アガメムノンに対し「貴方が私より強いうちは決して裏切る事はない」と不敵に言い放った。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#177 【ドラグーン】  ◆殺◆
    • オムラからヘッドハントされたモータードクロ開発チームが送り出す新型ロボニンジャ。クローンヤクザの生体脳が使われており、オートバイ形体から人型に変形する。開発名はモータートラだったが、商標問題がありモーター表記ができなかった。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#178 【ファイアブランド】】  ◆殺◆
    • アマクダリ・セクトのニンジャ。彼が用いる手甲「ガングローブ」には、拳で殴った際にその衝撃で内蔵式拳銃の引き金が自動的に引かれ、相手にゼロ距離射撃を食らわせるという危険な機構が組み込まれている。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#179 【コンジャラー】  ◆殺◆
    • ザイバツ所属。隠密行動に優れるシノビニンジャ・クランのソウル憑依者。クローンのように全く同じ動きをする幻影のコピーを複数体作り出し、同時突撃を仕掛けるハガクレ・ジツでニンジャスレイヤーを苦しめる。本体は一体だけである。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#180 【カメレオン】  ◆殺◆
    • アマクダリ•セクトのニンジャ。性別問わず自在に変装してみせるツツモタセ•ジツの名手であり、ネオサイタマ市警や国会などに潜入し何食わぬ顔で違法行為を働いていた。チバの命令を受けてナンシーに化け、ニンジャスレイヤー暗殺を試みる。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#181 【シックスフィート・アンダー】  ◆殺◆
    • 無所属ニンジャ。リキシリーグの人気ヒールスモトリに、邪悪なニンジャソウルが憑依。リョウゴク・コロシアムで1ダースのリアルスモトリを殺害した後、逃走。悪徳女マネージャーのズバリ・ナオミと共に略奪行為を繰り返した。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#182 【ペイルライダー】  ◆殺◆
    • ダークカラテ・エンパイアのニンジャ。廃墟と化したネオサイタマ南東部のビル街を蒼ざめた馬に乗って放浪し、遭遇した者全てに巨大武器カマサイスで死をもたらす。暗い頭巾からは水色のLANケーブル束がドレッドヘアめいて伸び、コワイ。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#183 【グリーンゴースト】  ◆殺◆
    • ネオサイタマ電脳IRC空間内に突如発生した、亡霊のごとき電子ニンジャ。実体を持たず、IPアドレス身元も不明。電子タンク軍団を結成し、第二次電子戦争を引き起こそうと試みた。何故かコトダマ空間内のナンシーを執拗に付けねらう。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#184 【ヌーズマン】  ◆殺◆
    • 列車強盗団を率い、ホースバックと組んでキョート行新幹線を攻撃したソウカイ・ニンジャの残党。ヌーズ(首吊り縄)を武器として使う、ウェスタンめいたニンジャ。敵の首に向かって投げ縄を投げて吊り上げ、マグロめいた絞殺死体へと変える。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#185 【ホースバック】  ◆殺◆
    • ヌーズマンと組んでキョート行新幹線を攻撃したソウカイ・ニンジャの残党。シングルアクション式リボルバーを武器として戦う、ウェスタンめいたニンジャ。ニンジャならではの高い身体能力で、とても速く弾を装填したり撃鉄を起こしたりする。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#186 【ヘッジホッグ】  ◆殺◆
    • ザイバツニンジャ。頭部および脊髄に沿ってバイオ無線LANアンテナを何十本も生やしており、周囲のUNIXサーバーやUNIX直結者のニューロンなどを遠隔ハッキングする。小動物めいて直接カラテ能力には乏しく、もっぱら支援役に回る。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#187 【サイクロプス】  ◆殺◆
    • ザイバツ所属。ビッグニンジャ・クランのソウル憑依者と思われる。筋骨隆々の巨体というよりは異常長身で、サイバネ手術でインプラントされた短い一本角を持つ面長の頭部が、その印象をなお強めている。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#188 【グラディエイター】  ◆殺◆
    • 歴戦のザイバツニンジャ。ニンジャ装束に眼帯、グラディウス、バックラーという出で立ちが特徴的。シャドー・コンの連続優勝者でもある。古参の割に位階が低いのは、一匹狼的な剣闘士気質と、下の面倒見の悪さが災いしたのかもしれない。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#189 【サンバーン】  ◆殺◆
    • ザイバツのマスターニンジャ。ニンジャソウル由来のサイキック能力をサイバネ改造と組み合わせたカトン・ジツで恐れられている。圧縮されたカトン・ボールを両掌から生み出して相手に投げつけ、着弾時に膨れ上がる球状の爆風で焼き尽くす。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#190 【ビーフイーター】  ◆殺◆
    • ザイバツニンジャ。ナギナタ・ジツに長け、推進装置を取りつけた槍斧「ジェットハルバード」を使いこなす。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#191 【ディヴァーラー】  ◆殺◆
    • ザイバツのマスターニンジャ。謎のカラテ「ケズリ」は攻撃をガードした敵ニンジャのニンジャソウル供給エネルギーを削り取り、自分のエネルギーとしてしまう。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#192 【ヴィジランス】  ◆殺◆
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#193 【ハイドラ】  ◆殺◆
    • サバイバー・ドージョーのバイオニンジャ。オカキ工場地下最下層に眠っていた。異常な再生回復力を持ち、四肢を失っても数十秒で生え変わる。バイオインゴットの燃費が悪く、エネルギー欠乏時に休眠状態に入る為、解放後暫くはお荷物扱いだった。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#194 【スワッシュバックラー】  ◆殺◆
    • アマクダリ・セクト所属。武器は刺突剣。フェンシングめいた異形のケンドーを極めており、宙に投げた10枚のコーベインをひと突きで全て貫通するほどのワザマエを誇る。諧謔家。メンポのかわりに鼻から上を覆う覆面を用いる。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#195 【アズール】  ◆殺◆
    • デスドレイン、ランペイジと行動を共にする少女。デスドレインに拉致され連れ回される中でニンジャソウルが憑依。彼女自身は非力だが、憑依時に生まれた獰猛な透明の狼が彼女の命令を何でも聞く。ストックホルム症候群めいてデスドレインを護る。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#196 【レイディアント】  ◆殺◆
    • ダークカラテ・エンパイアのニンジャ。ニンジャ装束もろともに輝く霧となって空気中に拡散し、もって殆どの攻撃を無効化する事ができる。また、この霧はそれ自体が人体に対して有害である。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#197 【トランスペアレントクィリン】  ◆殺◆
    • バイオサイバネ強化された幹部候補ニンジャ=「ザイバツ・シテンノ」の組織者。彼自身、有機クリスタルボディの体を持つ常軌を逸したバイオサイボーグであり、強大なアーチニンジャ憑依者である。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#198 【ドラゴンベイン】  ◆殺◆
    • アマクダリ・セクトのニンジャ。3フィートのオベリスク型槍頭をもった鎖付き巨大槍「ツラナイテタオス」の使い手。クレーンでないと運べない程の大業物を用いてアクロバティックに跳びまわり戦闘するさまは実際恐怖以外の何ものでもない。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#199 【マスターヴォーパル】  ◆殺◆
    • 暗殺をなりわいとする闇のニンジャ。S字に湾曲した奇怪なショーテル剣と、ニンジャが近づくと青く刀身を光らせる謎のダガーが武器。ザイバツニンジャではないが、バジリスクやニーズヘグと何らかの関わりがあるらしい。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#200 【ハトリ・ニンジャ】  ◆殺◆
    • "最初のニンジャ" カツ・ワンソーの最後の使徒にして叛逆者。ニンジャ六騎士を率い、ニンジャ大戦の戦端を開いた。最も大衆によく知られたニンジャであるが、その伝説は歪曲や脚色が激しい。真実は伝説を超える。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#201 【フマー・ニンジャ】  ◆殺◆
    • ニンジャ六騎士の一人で、マスタースリケンの称号を授かった。ニンジャ六騎士は、六つの門と接する神聖なシュライン「シックス・ゲイツ」で大戦の終結を宣言し、ハトリ・ニンジャを弔ったとされる。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#202 【ゴダ・ニンジャ】  ◆殺◆
    • ニンジャ六騎士、マスターパワー。古事記にはカラテミサイルの使い手として彼の記述がある。ニンジャ六騎士の実在を信じる者は少ないが、バイカル湖で2009年に発見されたニンジャのミイラをこのゴダ・ニンジャと関連づける説がある。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#203 【ソガ・ニンジャ】  ◆殺◆
    • ニンジャ六騎士、マスタータタミ。権力欲と猜疑心が強く、大戦後、政争の果てに他の五人をその後の歴史の表舞台から追いやったとされる。実際、六騎士のうち二人は古事記にも名すら残っていないが、そうした逸話自体が伝説の類いなのだ。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#204 【ヤマト・ニンジャ】  ◆殺◆
    • ニンジャ六騎士、マスターヤリ。巨人殺し、ホーリーグレイル探索、ドラゴン殺しの英雄伝説に彩られる華々しいニンジャ。古事記における彼はヤリの名手として描写されている。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#205 【パープルタコ】  ◆殺◆
    • 「ザイバツ・シテンノ」の一人。美女。犠牲者の髄液とニンジャソウルを吸うおぞましい触手を口から生やす。ヒュプノ・ジツと極めて柔軟かつ豊満なボディを活かしたカラテを使う。性に奔放だが、行為の最中に相手を殺す事を最も好む。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#206 【アーソン】  ◆殺◆
    • ソウカイヤのニンジャ。殴った相手を発火させる危険なカトン・ジツの使い手。ニンジャスレイヤーに攻撃を当てる事ができず、敗れた。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#207 【クラウドバスター】  ◆殺◆
    • オムラ・インダストリ専属ニンジャ。ジェットパックで飛行し電磁ブレードで攻撃する科学の申し子。鬼瓦ツェッペリンとの連携攻撃でニンジャスレイヤーを苦しめたが、彼の意識下からナラク・ニンジャを引き出してしまい、無惨に殺された。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#208 【ネブカドネザル】  ◆殺◆
    • オムラ・インダストリ専属、決戦ニンジャ。身体の90%がサイバネ化されている。電磁バリアで攻撃を跳ね返し、アンタイ・ニンジャ・アサルトキャノンを体内に格納。モータードクロ以上の超火力で敵ニンジャを消し炭と化す。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#209 【オメガ】】  ◆殺◆
    • オムラ・インダストリ最強のニンジャ。サイバネティクス改造を一切行っていない生身のニンジャ。アーチニンジャ「ウルシ・ニンジャ」の憑依者で、普段は会長の護衛についている。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#210 【ダイヤモンドダスト】  ◆殺◆
    • コリ・ニンジャクランのニンジャ憑依者。ニンジャソウル由来のサイコ能力により空気中から氷スリケンを大量に作り出し、敵を蜂の巣にする。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#211 【アイスジャベリン】  ◆殺◆
    • コリ・ニンジャクランのニンジャ憑依者。ニンジャソウル由来のサイコ能力により空気中から氷の大槍を作り出し、掴んで投げる。さらに敵の攻撃に対しては氷の大盾を作り出し、これでガードする。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#212 【クリスタライズド】  ◆殺◆
    • コリ・ニンジャクランのニンジャ憑依者。ニンジャソウル由来のサイコ能力で氷の甲冑を作り出し装着する。その姿はさながら水晶の怪物。コリ・ニンジャクランの憑依者達は何故か現世においてもホワイトドラゴンのもとへ自発的に集合した。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#213 【チリングブレード】】  ◆殺◆
    • コリ・ニンジャクランのニンジャ憑依者。カタナに非常に強力な冷気を纏わせる。鍔競り合いをするだけで敵は冷気のダメージを受け続け、戦闘力を削がれる。極めて酷薄かつ卑劣な性格の持ち主であるが、ホワイトドラゴンへの忠誠心は強い。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#214 【ファランクス】  ◆殺◆
    • ザイバツ・シャドーギルド所属のニンジャ。サラマンダーの配下であり、シャドー・コンの上位ランカー。古代ローマカラテの使い手。同様に古代ローマカラテに精通するザイバツ・ニンジャのセンチュリオンとは犬猿の仲であった。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#215 【デジタルワスプ】  ◆殺◆
    • ザイバツの電脳ニンジャ。おそらくタイピング速度が速かった。ニンジャスレイヤーを罠にかけようとしたグループの一人。情報収集を担っていたが、待ち伏せ決行時には既に殺され、仲間達の前に姿を現した時には無惨な死骸となっていた。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#216 【スカルド】  ◆殺◆
    • アマクダリ・セクトのニンジャ。不吉なビワを掻き鳴らし、音波攻撃で敵の鼓膜を破壊したり、人間を催眠状態に陥れたりする。楽器を使用するニンジャは全編を通じても珍しいが、スカルドは逞しい肉体を持ちカラテ能力も高かった点で特筆に価する。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#217 【エクスキューショナー】  ◆殺◆
    • ザイバツの残忍なる拷問官兼処刑官ニンジャ(非戦闘要員か?)。イグゾーションの派閥に属し、セキバハラ秘密アジトの留守なども守っていた。黒ニンジャ装束、処刑人頭巾、上半身裸、武器は鋼鉄サスマタという印象深い外見を持つ。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#218 【アイボリーイーグル】  ◆殺◆
    • 「ザイバツ・シテンノ」の一人。背中に巨大な翼をバイオ移植され、足も巨大なカギ爪となっている。大空を飛翔し、地上に縛られた敵を一方的に攻撃して倒す。寡黙な男で、心の奥底の邪悪な性質を自ら他者に明かす事は無い。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#219 【メタルベイン】  ◆殺◆
    • アマクダリ・セクトのニンジャ。かつてソウカイヤのワイアードが用いていた磁力テクノロジーの延長上にあるサイバネ改造手術を受けており、磁力テレキネシスで車一台程度は宙に浮かべる事が可能。スリケンも無効化できる。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#220 【ラヴェジャー】  ◆殺◆
    • INW(イモータル・ニンジャ・ワークショップ)のニンジャ。INWが作り出したアンデッドニンジャ達それぞれの特徴、弱点、嗜好性癖を把握し、ほとんど一人で管理している。彼自身はアンデッドではないが、おぞましいジツを持つ。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#221 【ウォー】  ◆殺◆
    • INW(イモータル・ニンジャ・ワークショップ)の強力なアンデッド・ニンジャ。地中のカルシウム成分やミネラル、そして空気中に残存するらしい正体不明の死霊めいたエネルギーを原料に、無数の骸骨戦士を作り出し、従える。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#222 【エルドリッチ】  ◆殺◆
    • INW(イモータル・ニンジャ・ワークショップ)の施設を脱走した恐るべきアンデッド・ニンジャ。ズタズタのロングコートと山高帽という出で立ちで、武器は鎖鎌とソードオフ・ショットガン。ジェノサイドを執拗につけ狙う。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#223 【パスファインダー】  ◆殺◆
    • アマクダリ•セクト所属。ニンジャソウル感知能力に異常特化したニンジャ。ニンジャ痕跡を追跡するだけでなく、地面に耳を当てたり、腕を広げソナーレーダーのようにその場回転する事により、周囲に潜伏しているニンジャを発見出来る。
  • ◆忍◆ ニンジャ名鑑#224

【フェミン】  ◆殺◆

    • INWの強力なアンデッド・ニンジャ。バイオスモトリ以上の肥満巨体の持ち主。地中を好み普段はドトンしている。常に飢えている。体の正中線に沿ってギ
広告を非表示にする